紫陽花前にお皿の上の華やぎを愛でる。横浜の有名イタリアンでランチ

横浜の紫陽花も今が見頃。イングリッシュガーデンに行く前に駅近くのイタリアンで友人とランチした。
横浜といえば、中華街の印象が強いせいか中華なイメージがあるけど、実はイタリアンが美味しい。あとはラーメンかな?

伺ったのは横浜の人気イタリアン「オ・プレチェネッラ」さん。
ランチは前菜、パスタ、メイン、デザートのランチコースと、時間のない方向けのコースが用意されている。お値段もお手ごろ。

かけつけ一杯スパークリング

前菜は紫玉ねぎのすり流し、水ダコとポテト、イワシのインボルティーニに豚のコッパロマーナ(煮こごり )どれも今が旬の素材。紫玉ねぎのすり流しもタコもイワシも美味しい!
ちょっと写真を失敗してしまったのだが、色彩の鮮やかさにテンションがあがる。
新玉ねぎのスープは昔習ったことがあるのだが、紫玉ねぎを使えばこんなに綺麗な色になるのかな?

 

 

パスタは数種類のなかから2つ選んで、それぞれをシェアしてくれる。
まず、あさりとズッキーニのサフランソースのリングイネ
このサフランの色!香りもしっかりある。
ソースにアサリの旨みがでていて美味しい。
パスタは2皿ともにしっかりと味がついていて、これはこれはワインが進むが、食事の後は少し歩くので控えめに(笑)

もう一皿はイカスミ。

デートでは厳禁のメニュー(笑)だけどそんなことは私たちには関係ない。
ここでイカスミを見ちゃったからには、もう頼まないという選択肢はないではないですか。
美味しくてついパンでソースもぬぐっていただいてしまった。

しかし、よくイカの墨なんて食べようと思ったものだ。牡蠣もエビもナマコもだけど。
昔昔その昔、受験英語の必須アイテムに構文150という本があった。(今はもうないのかな?)それにスウィフトの名言“It was a bold man that first ate on oyster”と いうのがあったのだが、それをいつも思い出してしまう。
さすがに今の受験生はもう構文150とかターゲット1000とか使ってないのかな?

 

メインはお魚かお肉のいずれか。
友人はお魚料理。

私はブランドポークの季節の野菜添え

 

ここらでもうお腹いっぱい。
鮮やかな発色のベリーのジェラートと、下にはアプリコットのコンポート入りの焼き菓子。

色使いが綺麗で、お花を見に行く前に、お皿の上のお花を堪能させていただきました。
大変、美味しゅうございました。
次は夜来たいです・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA