サローネランチ

霙まじりの雨というあいにくのお天気(苦笑)だったが、マリンタワーに用があるついでに友人とサローネ2007でランチをした。
OI001093.jpg
 
 
ちょっとご無沙汰だったので、楽しみ。
OI001098.jpg
 
 
金の石がこの角度からだとハートに見える!
OI001100.jpg
 
 
今日はこのあと予定があるので飲み物はグラスシャンパンとお水のみ。
OI001102.jpg
 
 
 
サローネといえば、これです。
OI001104.jpg 
上質なお肉、ジャガイモ、トリュフオイルの鉄板の組み合わせ。
 
 
 
前菜はフォアグラのテリーヌ、パウダー状のオリーブオイル、にアンチョビとヨーグルトのソース
OI001110.jpg 
削り節状のフォアグラとかはじめてだ。
 
 
 
スープはガラパッチャ
トスカーナ州のオニオンスープだそうだ。
OI001112.jpg 
オニオンスープというとオニオングラタンを想像してしまうが、シナモンとアーモンドでアクセントがつけてあってサローネらしい「普通じゃない」味わい。
そして、パンの下にはリコッタチーズが。これが絶妙にマッチする。
 
 
 
本日のワンスプーンは、ズワイガニだった。
蟹味噌、唐辛子入りのビターチョコ、ポルチーニにライムゼリー
OI001120.jpg 
味、香り、食感全てが考えられている豪華な一品。
 
 
パスタは、イタリアンソーセージと魚のラグーソースのストリケティ
OI001122.jpg 
ストリケッティは、立体的な形の手打ちショートパスタのことだそう。
パスタの下にはチーマディラータという菜の花のような野菜が敷いてある。
 
 
上に降りかかっているのは、青海苔?と思いきや、バジルのパン粉とのこと
モチモチのパスタにソースがよく絡み、それにレーズンの甘さ、バジルの香りが加わる。
OI001123.jpg 
 
 
 
魚料理は、パートフィロで包んだカジキマグロと竹墨の入ったアメリケーヌソース
OI001125.jpg 
アメリケーヌといえば、エビの頭の部分をつかったオレンジ色のソースだけど、それに竹墨が入っているので、海苔みたいな黒いソースになってる。
 
 
ナイフを入れるとパリッ!としてサフランが香る。
これに竹墨のアメリケーヌをたっぷりつけていただくと竹墨の風味がふんわり。
OI001131.jpg 
 
 
 
お肉は仔羊ちゃん
OI001135.jpg 
カリフラワーのフリット、少し甘めに味付けたセモリナ粉のフリット、
パルミジャーノと緑のバジルソース、酢を効かせたザワークラフトを添えてある。
 
 
ここまでで結構お腹が・・・
でも、パスタは80gも頼んでしまっているのだ・・・
 
ここのランチのコースは、最後のポモドーロを10g単位でオーダーできる。
100gだと多すぎだし、80くらいかな?と思ったが、今日のコースはボリュームがあったのでちょっと多かった。
 
OI001138.jpg 
パスタのグラム数は永遠のテーマ(笑)
 
 
 
デザートはボネというイタリアのチョコプディング
相性のよいバナナのジェラート添え
OI001144.jpg 
 
 
美味しいのはわかってはいるんだけど、もう、ミニャルディーズは入るところがなくてほとんど食べられず・・・
OI001148.jpg 
 
でも美味しい食事、贅沢な時間!
幸せ〜〜〜〜〜。
 
 
友人とは、トランプ政権のことやまたもや10億当たったらという「とらたぬ話」で盛りあがった。
リューズで会った別の友人は、ストラディバリウスを買う!といっていたけど(すでに高いの持ってるじゃ〜ん!と思ったけど)、今日の彼女はフォーストとでロンドンに行き、劇場めぐりをする!のだそうだ。かっこいいね。
わたしは、、、危険がない範囲でまだいったことのないところに行き、知らない世界を見聞きしてみたいなぁ。
 
 
OI001149.jpg 

ということで、今日もたいへん美味しゅうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA