月見れば、ちぢにものこそ美味しけれ・・・

横浜石川町のSIMUMURAさんへ行ってきた。

気がつけばもう9月。
朝晩はかなり過ごしやすくなり、虫の音もしてすっかり秋の雰囲気。
街ではもう秋物を着た方などもチラホラ見かける。

今年の夏は雨が多く長い梅雨の延長といった印象だったが、
このまま秋に突入?

 

今日はシャブリ。

 

コースは「器の空」完全シェフお任せのコース。
お料理も初秋を意識したもの。

 

松茸とハモの椀仕立て 名残の鱧に走りの松茸。
この時期だけの香り高く贅沢なお椀。

 

本日のお造りは、かじき、おながぐろ、清水さば、水茄子。
お醤油とSIMOMURA特製のつけ醤油の2種類で。

 

 

焼き八寸。
苦瓜煮浸し、ごま豆腐、秋刀魚寿司、モロコシ天、白身魚のしいたけ焼き、鯖の燻製、鴨など。

 

鮑と穴子のみぞれ鍋

 

 

和牛の朴葉味噌焼き

 

 

止め肴は季節の野菜の酢物
糸瓜、エビ、茄子、トマト、パプリカ、オクラ、しいたけ。

 

 

本日のご飯はタコとさつまいも。
でもここまででもう腹十分目・・・

食べられない分はおにぎりにしてお土産にしてくれる。

 

 

 

デザートはチーズケーキ大福とほうじ茶。
満月のような大福。
これもほとんど食べられなかった・・・

月見れば、ちぢにものこそ美味しけれ、
我にひとつしか腹はあらねど。

 

食欲の秋、読書の秋ですね・・・

 

 

 

 



 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA