「旅の同行者」という名のレストランへ。


 
以前から機会があれば行ってみようと思っていたお店、ル・スプートニクさんへ。
 
ミッドタウン近くのモダンフレンチで、店名の由来はソビエトが1957年に打ち上げた世界初の人工衛星だという。「旅の同行者、連れ」という意味だそう。
 
店内はこじんまりとしていて、テーブルも小さめ。
まずはシャンパンで乾杯!
OI000265.jpg
シャンパンはガティノワ
OI000270.jpg
メレンゲでお魚をつつんだ前菜
どうやって食べるのか、ちょっととまどう外見だけど一口でパクリ
OI000276.jpg

 

続いては鮎と牛蒡のフリット
「下の牛蒡を全部食べると、あとが食べられなくなりますから」と言われたので
少しだけにしておいたけど、私たちはたぶん普通に全部食べられた(笑)
OI000290.jpg
OI000292.jpg
ケーキみたいなものが出てきた。
メレンゲで卵ときのこをつつんでいるらしい。
それにしてもここのシェフ、メレンゲ好きだなぁ・・・
OI000291.jpg
中からは黄身がトロ〜
マッシュルームのソースと黄身ををパンにつけていただくともう!

お次はお魚・・・のはずだけど、何やら大仰なものが登場
OI000294.jpg
オープン!
なかからは、スモークのいい香りが
中は今が旬の秋刀魚
上に乗っかっているメタリックシルバーの物体は、メレンゲのソース
OI000309.jpg
お次はフォアグラのエスプレッソゼリーがけ
OI000321.jpg
マーマレードとフォアグラの鉄板の組み合わせに、エスプレッソの香りと苦味が意外にいい感じ
フォアグラも大ぶりで嬉しい!
OI000332.jpg
シャンパンの次は、弱ってる胃腸に配慮しガス入りのお水を。
コルシカ島のお水だそう…。
OI000420.jpg
タチウオのソテー
緑のソースはかぼす風味
メインはこの季節らしくエゾ鹿
自家製のドライのピオーネに、おかひじき
OI000423.jpg
デセールはカシス風味のモンブラン
甘さはかな〜り控えめ
私はこれくらいでもいいけど、友人はもう少し甘いほうがよかったらしい(笑)
 
 
プチフールは一口シューと大豆のブランマンジェ
 
OI000460.jpg
大変美味しゅうございました。
 
 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA