千鳥ヶ淵 de イタリアンを。

ダ・ヴィンチの講演のあとは、近くに住んでいる友人と夕食に行く。
予約したのはイタリア文化会館からほど近くのイタリアン。

「九段下近辺に行くから、軽く一杯どうか」と誘った時は、お蕎麦とかそういうものをイメージしてたのだが、レスは「フレンチとイタリアン、どっちがいい?」だった。
 
「軽く」という言葉は軽く吹っ飛んだのだ。フレンチは先日行ったばかりなのでイタリアンでお願いしたのだ。ダ・ヴィンチの話を聞いて、そのあとイタリアンディナー。なんてイタリアンなのだ。
 
 
 
ということで、フランチャコルタで乾杯!
P7271591.jpg 
一気飲みですよ(笑)
 
 
カプレーゼ。ハーフポーションとは言ってませんが?
P7271594.jpg 
 
 
前菜は、コチのカルパッチョにカラスミ。ウイキョウのオレンジサラダ添え
P7271598.jpg 
 
 
パスタは手打ちで、目の前で実演してくれた。
穴のあいた鋳型に生地をいれ押し出してつくるのだ。
P7271599.jpg 
 
こうしてできたのが、ルヴィタというパスタ。
表面がザラザラしているためにソースがよく馴染むんだそうだ。
P7271601.jpg 
 
 
この生麺をフレッシュポルチーニのパスタにしてもらった。
 
P7271602.jpg 
おいしーーー
 
 
肉料理は和牛のロースト。
トリュフも一応かけてはくれてるんだけど、あまり香らなかった。
P7271605.jpg 
 
 
一皿の量も少なかったので、いつもは手をつけないパンも完食( ノД`)
P7271595.jpg 
 
 
デザート。
P7271607.jpg 
 
 
食べログ評価は悪くなかったのだが、少々物足りない感あり。
場所を差し引いても、横浜イタリアンのほうが味もコスパもはるかに良いのだ。
場所が場所なので、イベント帰りの一見のお登りさん向けのお店だったのかもしれないが、それはまんま今日の私ではないか!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA