モロッコに行ってきた! その④ 〜閑話休題 ホテルと靴の話。

しばし閑話休題。
時々我ながら世間知らずだなぁと思うのだが、今日は私と同じような方に向けなので、需要は少ないと思いますです。ハイ(笑)

今回私が参加したのはしつこいけども「激安ツアー」だ。調べてみると一応ホテルは4つ星だったがあくまでモロッコ基準。先進国のそれに比べれば著しく劣る。
4つ星って横浜でいうと、インターコンチとかランドマークかな?という感じだが、モロッコのそれはもう全然まるっきり違った。当たり前か。
 
ドライヤーもテレビも壊れていて、普通にただのインテリア化しているし、アトラス山脈の向こう側では、お湯の温度も調節不能。しかも鍵すら開けられなかった。
砂漠でお湯が出ないというの聞いていたのが、この鍵が曲者だった。
ムカつくことに、私は最後まで自力では開けられなかったのだ。どうしたかというと、ホテルの人に開けてもらったり添乗員さんに開けてもらったり。我ながら迷惑な客だが開けられないものは仕方ない。
 その鍵というのは倉庫の鍵みたいなヤツで、お決まりのように馬鹿でかい胡椒れみたいな木のキーホルダーがついている。もう、ビジュアルからしてヤバイ。
 
差し込んで回すとぐるぐると何回転もするし、開かないうえに鍵穴から抜けもしない。日本人はこの鍵が苦手らしいが (当たり前じゃ)、私はもうどうやったって開かなかった。難易度高すぎ。トイレの次に衝撃だった(笑)
 
 
どのホテルにもリヤドという中庭がついており、素敵ではあるが如何せん鍵がね。
PA111697.jpg 
 
PA132368.jpg 
 
アメニティも全く期待できないので、とりあえず必要なものは一通り持っていって正解だった。シャンプー、トリートメント、ボディソープ、洗顔フォームにハミガキセット、ドライヤー、ヘアブラシは必須。女性の方はこれに、化粧品も加わるのかな。
海外用なのにドライヤーが壊れた!という方も結構いたらしいが、電圧も安定していないのかもしれない。
 
 部屋にはサービスウォーターも湯沸かし器もナッシングのないない尽くし(笑)
実は「どん兵衛」を持っていこうかすごく迷ったけど、どうせ持っていっても食べられなかった。お湯も沸かせないから。
代わりに伊右衛門を3本ほどスーツケースに入れていったがこれが大正解だった。そもそも日本のお茶は売ってない。カタール航空はエコノミーでも30キロまでOKなのでこれはもっとたくさん持っていけばよかった。
 
砂漠側のあるホテルなどは部屋の電話が死んでいた。受話器をとってもうんともすんとも言わないのだ。翌朝は早いので添乗員さんがツアー客の全客室にモーニングコールを頼んでくれていたが、これでは頼みにできない。電話が壊れていることを一応フロントに伝えその夜は寝たのだが、なんと翌朝、フロントマンがノックでモーニングコールをしてくれた。ある意味4ツ星のサービスだと関心することしきりだった。スマホもあるので別によかったのだけど。
 
WiFiはどのホテルでも一応はロビーやレストラン付近でつながることはつながるが、とにかく遅かった。
 
それから、モロッコは夜はお酒を売れないなどの制限があるので、ワインを持参された方もいたらしい。ランチでは飲めるが、ディナーは時間が遅いとダメなところもある。一応、イスラムのお国なので。「ノーライフ、ノーアルコール」な方は持参しましょう。
PA132375.jpg 
 
物価は概して安いが、ミネラル・ウォーターも安い。レストランで、2リットルサイズが25ディラハム、スーパーや売店などでは4〜6ディラハムだった。
 
 
それはさておき、我々のツアーは10月初旬だったのでまさしくモロッコのベストシーズンだった。暑すぎず、寒すぎることもない。
砂漠の朝日ツアーを除けば、半袖のカットーに薄手のカーディガンシーンズで観光は大体OK。朝晩は少し冷えるので、これにフリースかなにかがあればもう完璧だ。砂漠用には、10月上旬ならライトダウンがあれば大丈夫かな。冬だとかなり冷え込むと聞く。
 
あと、ツアーならば観光したらその後はバスで長距離移動というパターンだが、足元は絶対に歩きやすい靴で。どのスポットもかなり歩くしアイト・ベン・ハッドゥなんて、軽い山登りだ。
PA132442.jpg 
 
出発前から、書面や電話で「歩きやすい靴で」と繰り返し言われるにはちゃんとそれなりのワケがあるのだ。
私もお出かけのときは9cmヒールを履くバカ女なので、いついかなるときも「素敵なワタシ」でありたい気持ちはよくわかる。足も長く見えるし。
しかしブラピとデートするわけじゃなし、出会うのはせいぜい”ベルベル人のラクダつかい”くらいのものだ。
狙いたい方はヒールじゃなくても狙えると思う。お金があれば。
 
砂漠なんてどうせ砂が入るし裸足で歩けばいいやと思ってる方もいるだろうが、サハラにはサソリや得体の知れないモノがいるそうだ。サハラのサソリでは死なないらしいが、裸足でうっかりサソリの尻尾でも踏んづけて刺されたりするとかなり痛いらしい。血清を打つにしてもラクダでのろのろ戻った地点にしかないらしいです。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA