モロッコに行ってきた!その⑥ 〜ラクダに乗ってサハラで朝日編

 
実は当初ツアーの予定では「徒歩」で、朝日を見にいくことになっていた。
MARSの影響のせいかラクダはオプションすらなかった。

しかし添乗員さん曰く、モロッコではMARSは未だ一例の報告もないんだとか。

モロッコに関して言えばラクダも問題なしとのことで、手配してくれてラクダにも乗れることになったのだ。

超ラッキー!
 
ラクダちゃんたちのいるポイントまでは4WDに乗り込んで向かう。

ホテルすら真っ暗なのに街灯などという気の利いたものがあるはずもなく、暗闇をひたすら疾走すること小一時間。
ようやくラクダポイントに到着する。

砂漠にはいると車も結構揺れるので、酔いやすい人はアネロンを飲んでおいたほうがいいかも。

 
ラクダのお値段は、300ディルハム(3,000円くらい)で、これにラクダ遣いさんへのチップ20ディルハム(目安)が加わる。
極めてリーズナブル。
日本で手配すると手数料が上乗せされると思う。
仕事のできる添乗員さんに感謝感謝。

実際、往復すると結構な距離なので、エジプトで乗るラクダに比べれば非常にお得感もあるそうだ。
エジプトにも行きたいなぁ。

ちなみにドルやユーロだとかなり割高になるという。
カードも不可。現地通貨が一番お得。
ベルベル人のラクダ遣いさんたちは、銀行口座を持っていないのだ。
スマホは持ってたけど。

 
真っ暗な中、スタンバイしてるラクダたち。
PA121965.jpg
 
こうして足を折って座っている状態で乗るのだが、ラクダが立ち上がるときはちょっと怖い。
事故が起きるのは、たいていこのときなのだそうだ。
無理に降りようとして骨折した人もいるのだとか。
 
 
ラクダ隊出発。
PA121973.jpg
 
毛布を重ねた鞍からも、ほんのりラクダの体温も感じられる。ちょっと手を伸ばして毛をなでてみると、ゴワゴワの毛布の感触。

慣れてくると調子に乗って両手を離して写真を撮ってみたくなったが、くだり坂は危険かも。

 
 
すったか、すったか、なかなか快適です。
PA122191.jpg
 
 
そうこうしているうちに朝日スポットに到着し、皆で眺めていると、、、
PA122093.jpg
 
 
太陽が顔を出した。
PA122105.jpg
 
 
いいことありますように。
PA122121.jpg
 
砂漠が次第に明るくなっていく。
PA122151.jpg
 
 
 
フンコロガシ?発見!
足跡がかわいい。
PA122158.jpg
 
PA122161.jpg
 
 
ベルベル人のラクダ遣いのお兄さんたち。
PA122166.jpg
老けてるけどたぶん皆10代後半。絨毯をソリみたいにして遊ぶベルベルスキーをやってくれた。
 
 
白ラクダちゃん❤️
ラクダ隊で一番フォトジェニックな子。
PA122172.jpg
 
 
ドアップ。
PA122178.jpg
かわいい〜(=゚ω゚)ノ
 
 
 
一方、こちら私を乗せてくれたラクダさん。
PA122181.jpg
 
鼻輪してるし。
 
PA122180.jpg
ラッパーか。
 
 
このラクダたちは、朝、観光客相手の仕事をすませると、勝手に草地にいってお腹を満たし、夕方には自力で帰ってくるのだそうだ。

ラクダ遣いのお兄さんたちはベルベル人の遊牧民(ノマド)で、こうして家畜(ラクダやヤギ)を国有地で放牧させ暮らしている。
ノマドの子供たちは学校にはいかないのだそうだ。
教育がないために彼らはノマドとしてしか生きる道がない。
ただ、観光客相手のラクダツアーは結構いい稼ぎになるのだろうし、実際、最新のナイキとか履いてたりしたけど。

ガイドさん曰く、今のモロッコ国王は現代的な考えの方で、国民にもっと教育の機会を与えたいと考えているそうなのだが、これがなかなか難しいらしい。
 
 
風紋
PA122232.jpg
 
 
さて、ふたたびラッパーラクダの背中に乗せてもらって帰るとしましょう。
PA122201.jpg
 
 
PA122224.jpg
 
PA122218.jpg
 
PA122215.jpg
 
ということで、ラクダ編はおしまい。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です