秋の道東ちょい旅〜その2 阿寒川の宿と蝦夷鹿ちゃん

夕食を遅めにしたので、近くのアイヌコタンへ。
10月でも夕方はかなり冷える・・・
ダウンを持ってきて正解でした。

ちょっとしたストリートをアイヌの集落っぽい飾り付けにしてあるんだけど、民芸品のお店ばかりなのにどことなくウエスタンっぽいというか。

セイコーマートをチラッと見て、宿に戻ったら食事の時間に。

食事は基本は同じコタン鍋のコース。
それに多少アレンジして変化をつける程度。

食事会場も阿寒川ビューで横並び。
感染症対策というわけではなく、もともとがそういう作りみたい。

 ホタテ、ボタンえび、阿寒サーモン、王鰈(マツカワ)

花咲ガニと毛蟹

十勝ワインのおすすめセット。

日本のワインも美味しくなったよね。

  

 

道後牛はホットプレートで焼いてネギを乗せて。

これがコタン鍋。郷土料理ではなく多分ラビスタのオリジナル。

スープにはターメリックが入っていて黄色く少しスパイシー。
ここの温泉の色みたい。

最後のお食事は雑炊とカレーから選べます。
私は雑炊。でもお腹いっぱいで食べられなかったw

夫はカレーを選択。猛者すぎ・・・

お腹いっぱいでお部屋に戻ると窓の外には・・・
蝦夷ジカちゃんがいた!!!

都会に住んでるから珍しいけど、この辺りでは普通なんだろうなぁとか(奈良や宮島にも図々しいのはいっぱいいるけど)

宿の方曰く、森の奥は熊がいて危険なので、この辺りで食事をしたり水を飲んだりしているそう。

その後、ドライブ中に前の前の車の前を横切ったり、事故にあったと思しきお姿も見てしまったり・・・
幸い熊さんには出会わなかったけど、色々と考えさせられました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です