横浜”極上”イタリアン

横浜は中華よりイタリアンが断然オススメ。
ということで、今回は元町・中華街の「SALONE 2007」に行ってきた。
場所はマリンタワーのすぐそば、バーニーズニューヨークの地下にある。


みなとみらい線の駅からはすぐだが、出口を間違えて元町側に出てしまうと遠くなってしまうので要注意。

まずは泡で乾杯。

ここはほんの一口づつ、色々な味が楽しめる独特なコース構成。
ディナー、ランチともに1コースのみ。

定番のA5ランクのサーロインにメークイン、トリュフ

 

前菜はイカのブレザオラ、柿とフォアグラ

グラッパで香りをつけた柿の甘さに、旨味が凝縮したイカ、アンチョビと竹炭がかすかに香る。

 

魚のラグーのグラミーニャ、ビーツ、マジョラム、カボチャの種。

 

コシのあるパスタにハーブとカボチャの種の食感が楽しい。
白いのはお皿の模様かと思いきや、カリフラワーのソース。

 

一口軍鶏肉、イチジク、アーモンド、チーズのジェラートのワンスプーン料理

ほうれん草が練りこまれた手打ちパスタ、スパッツレとグリーンピースの鴨のラグーソース

見た目、スパッツレとグリーンピースの区別がつかない。
スパッツレだと思って食べるとグリーンピースとか、味と食感の期待が裏切られる。

自家製のフォカッチャとパンもおいしい。

 

 

鮮魚のソテー、アメリケーヌソースにパキーノ

 

 

お肉は仔羊のストゥファート

サフランのパン粉、茄子のピューレ、パセリとガーリックのサルサヴェルデソース
ミディアムレアの仔羊とエシャロット

スパゲッティ・ポモドーロはお腹の状態にあわせてオーダーできる。
オーダーの上限はないので、がっつり食べたい男性も安心。
私は80gで。(←食べ過ぎ?)
 

このソースには、香味野菜を7時間炒めたものを使うのだそうだ。

ドルチェはアップル・シュトゥルーデルとアールグレイのジェラート

 

プティフールとエスプレッソ

 
 

本日食べたメニューの綺麗なイラストがいただける。
イラストをみてお食事を思い出してくださいというお店からのプレゼントなのだそうだ。

大変、美味しゅうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA