洋館でランチを@鎌倉

鎌倉駅近くの築100年の洋館レストランで友人とランチ。

 

平日でもおばちゃんたちで賑わう小町通りとは駅の逆側を、お散歩気分で歩いていくと、住宅街に突如として緑に囲まれたステキングな洋館が見えてきた。
OI000013.jpg 
アプローチの芝部分や背後の山も含めてすべて古我邸の敷地なのだそうだ。
 
 
お天気にも恵まれ新緑もまぶしい。緑わっさわっさ。
しかし、今年は暑い。
 
豪邸の入り口には、邸内の見取り図?とセコムさん。
OI000001.jpg 
 
 
洋館はナチュラルガーデン風に草花が配してあり、写生をしている人もたくさん。
カフェのみの利用もできるみたいなので、お茶をしにくれば写生もOKなのかな?
OI000061.jpg 
 
 
テラス席も素敵だけど、そろそろ暑い?
今日はお天気がよくて気温が高いせいか、誰もテラスにはいなかった。
OI000187.jpg 
 
 テーブルセッティング。
OI000066.jpg 
平日にもかかわらず、レストランはほぼ満席。
常連っぽいザ・鎌倉マダ〜ムという方々も、優雅にランチしてらっしゃる。
 
ということで、我々もまずは「泡」でもいただきましょうか。
お昼に飲む「泡」は格別!
OI000085.jpg 
 
 
ランチのコースは3種類。
今回は真ん中のコースをオーダーした。
 
 
前菜はさより
ホワイトアスパラガスのソルベに、トマト、
カリカリにしたカマンベールでサラダ仕立て
OI000090-2.jpg 
 
 
 
スープは、ポテトのポタージュ
上に乗っているのは生ハム、中にはジェノバソースが隠されていた。
ポタージュの甘みと、生ハムの塩気、バジルの香りが絶妙〜
OI000095.jpg 
 
 
お魚はヒラメ
ホタルイカに、グリーンピースとソラマメと色鮮やか
黒いのはイカスミのソースで、ピンクのがアンチョビのソース
OI000126.jpg 
け、結構、ボリュームありです。
 
 
次はお肉なので、赤でも行ってみよう。。
ナダル優勝まで飲まないっていったくせに、 舌の根も乾かないうちに飲んでしまう私(汗)
でも、ナダルは私の飲酒に関係なく自分のベストを尽くすからいいの、いいの。
 
全仏でもラ・デシマを達成してほしいなぁ。。。
 
 
さて、選んだのはコート・デュ・ローヌ
ドメーヌ・サンガヤンのジコンダス
OI000132.jpg 
 
 
なんでもカパカパ飲む派(笑)
OI000149.jpg 
 
 
お肉は鴨のラケ。
やや堅めだったけど、マンゴーの甘酸っぱさがマッチ。
OI000159.jpg 
 
鴨にもよくあってたけど、子羊ちゃんのローストとかとも相性よさそう。
というか、南仏産の高級ラム子ちゃんと南仏産ワインが合わないわけがない。
 
惜しむらくは、ラムの産地を味わいわけるほどの舌を持ってないことだが、
逆に、なんでも美味しくいただけるというのは幸せなことでもある。駅前の肉屋でも売ってるニュージー産でも十二分に美味しくいただける。バカ舌万歳。
 
今、「バッタを倒しにアフリカへ」 と、「文藝春秋SPECIAL 2017年夏号 脳と心の正体」いう本を読んでいるのだが、バッタ博士も橘玲氏も言っている。
幸福のハードルが低いほど、幸福を感じやすくなると。
 

 

塩胡椒したラムチョップをフライパンでソテーし、バルサミコ、醤油、ベリージャムなんかを投入して作ったソースなどにも合いそう。前菜にサーモンのサラダなんかを作れば、あら、おされ。素敵ディナーのできあがり!ではないか。
 
 
デザートはルバーブとヨールグトのタルト風にライチのジェラート
OI000169.jpg
ルバーブは赤に限る。
 
赤いルバーブ、そろそろフレッシュが出回る頃かな?
ミニャルディーズとハーブティー
OI000171.jpg

 

というわけで、大変美味しゅうございました。
ここ、雰囲気もコスパもいいです!
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA