冬のニュージーランドに行ってきた! 〜その1 テカポ編

ちょこっとご無沙汰。

実は、冬のニュージーランドに行ってました(^∇^)

 
南半球にあるニュージーランドは、季節が日本とは逆なので冬!
オフシーズンなので、航空券やらホテルもちょっとお安くなっていてお得だったので。
 
今回の旅行の目的は、テカポで星空を観ること。
空気が澄んでいる冬は、星空観測のベストシーズンなのだ!
 
ファイル_000 
 
ただ、テカポは遠かった・・・
日本からオークランドまで約10時間の空の旅。そこから国内線に乗り換えてクライストチャーチまで約1時間半。(日本からクライストチャーチまでの直行便は2017年現在はないので)クライストチャーチから車で約4時間かけて、ようやくテカポにたどり着く。
 
NZは車は日本と同じ左側通行なので運転しやすいが、街灯が少ないので、レンタカーを借りていらっしゃる方はちょっとご注意を。また、ド田舎ゆえに車にトラブルがあったらオーマイガッになりがちなので、クライストチャーチから各旅行会社がテカポへの現地オプショナルツアーを催行しているツアーを利用するテもあり。我々も天下のJT*さまのお世話になった。
 
 
ただ、苦労してやってきただけあってテカポはスバラシかった。
テカポ(Tekapo)は、ニュージーランドの南島の真ん中あたりにあるテカポ湖にある人口300人程度の小さな小さな村だ。
ミルキーブルーの湖に世界一ともいわれる星空で、観光地として近年人気を博している。
IMG_1017.jpg 
冬の今は何もないけど、春にはここはルピナスの花に彩られるそうだ。
次は春に来たいなぁ・・・
 
 
テカポ湖畔にある「よき羊飼いの教会」
IMG_1027.jpg 
 
IMG_1023.jpg 
 
そのそばにあるバウンダリー・ドッグの像
IMG_1015.jpg 
 
IMG_0529.jpg 
羊飼いといえば、シープドッグ。この像は、開拓時代に柵のない境界線(バウンダリー)を守って活躍した牧羊犬の功績を称え作られたという。
 
 
ところで、テカポは現在、星空を世界遺産にしようと働きかけているところで、周辺はダークスカイプレイス・プログラムによって守られている。
星は明るいところでは見えないから、村をあげて「灯りを制限して星空を守りましょう!」とやっているわけだ。そのせいか、この辺りは道路にも街灯が一切なく夜になるともう真っ暗くら。
 
だから、ホテルのテラスからでもこんな星空がみられる。
「汚れ?」にみえるけど、これ全部星です!
見えすぎちゃって、星に酔ってしまうほどだ。
IMG_0476.jpg 
 
ちなみに、この写真は愛用のオリンパスちゃんではなく、オットの一眼レフで三脚を立てて撮った。右下の黄色いのは、テラスのパラソルの先端。
これこれ↓(笑)
IMG_1166.jpg 
星を撮るのは難しいのでございます。。。
 
 
宿泊は湖に面したコテージタイプのホテル
IMG_1012.jpg 
すぐそばに、お土産屋さん、スーパーマーケット、レストランがあり「羊飼いの教会」にも歩いていける好立地。
田舎ゆえ、テカポの夜は早くて、これらは夜8時にはすべてクローズドしてしまう。
 
 
ホテルからの眺めはこんな感じ。

IMG_0712.jpg 

 

IMG_1176.jpg 

このホテルは国道8号線という道路を挟んでテカポ湖に面している。この8号線は、テカポの星空が世界遺産になったら、「スターライト・ストリート」という華やかな名称に変わる予定なのだそうだ。
ただの真っ暗な田舎道なのだが、キラキラネームに変わるらしい。
 
 
湖側からだとこんな感じ。

IMG_1122.jpg 

 
 
 
刻一刻と変わっていく夕暮れの冬の空

IMG_1007.jpg 

 カラスもお家に帰りましょ。

IMG_0518.jpg 

 
ロビー棟の前の池でも水鳥が羽を休めていた。

IMG_0507-2.jpg 

 
で、、、夕食の後は星空ツアーに行くのよん!!!
つづく・・・
 
 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA