テーブルウェア・フェスティバルに行ってきた!

東京ドームでやっている、テーブルウェア・フェスティバルに行ってきた。
知り合いにチケットをいただいたので今年初めて行ったのだが、結構な人出。
上からみると壮観。

ヒールのない靴でくればよかった…(笑)
P2061796.jpg

 

まずは、特別展。Masion de Paris の展示はカラフルでゴージャス!
P2061619.jpg

P2061627.jpg

P2061629.jpg

 

日替わりでゲストによるトークショーも開催されている。この日は黒柳徹子さん。
P2061789.jpg

紅白の時は、あまり滑舌もよくなくて、
「もしかしてあのダボっとしたお衣装の下は車椅子なのでは?!」
など失礼なことを想像してしまったが、この日はお元気そうだった。

 

ノリタケの展示はひな祭りのテーブル。
P2061667.jpg

 

さすが品がいい。
P2061665.jpg

 

オールドノリタケはガラスケースに展示してあった。
P2061676.jpg

P2061677.jpg

P2061678.jpg

 

 

いつかは欲しい大倉陶園の食器セット。「家庭画報」の世界!
P2061652.jpg

P2061653.jpg

 

 

一番楽しみだったのは個人の方が応募されているテーブルウェア大賞の応募作。
展示されていたのは、一次審査通過作品の実に172点!受賞作品を中心に見てまわった。

まず、最優秀賞と東京都知事賞の受賞作品。
P2061727.jpg

P2061728.jpg

カニの器もかわいい。
P2061730.jpg

 

審査員賞と優良賞のダブル受賞作。紫、黒、ゴールドのシックな色合いとガラス使いが素敵。
P2061784.jpg

P2061782.jpg

 

佳作受賞作品。こちらは夏のテーブル。
P2061785.jpg

 

素敵なテーブルは他にもたくさん。こういう席にお呼ばれしたい!
P2061724-3.jpg

P2061719.jpg

P2061715.jpg

P2061767.jpg 

 

 

ビーズアート作家の方の作品。マネキンの衣装もビーズ!
P2061641.jpg
P2061645.jpg

なんと睡蓮の絵もビーズ!
P2061639.jpg

 

会場の中央に展示してあったのは、テーブルウェア大賞の審査員の方々の作品。
美術館にあってもおかしくないものばかりだ。もし、こういう器でいただいたら、スーパーのお刺身やいつもの安ワインも高級に感じてしまいそう???(笑)
P2061795.jpg

P2061791.jpg

 

和のものも素敵。こんなの日本人にしかできないのじゃないだろうか。

P2061695.jpg

P2061705.jpg

P2061711.jpg

P2061688.jpg

すごい技術!
P2061689.jpg

 

メーカーさんはもちろん、地方の窯元さんも参画されているので、お得に買い物もできる。買うつもりはなかったのだけど、ランチョンと鹿児島の作家さんのお皿を買ってしまった。
P2071809.jpg

P2071810.jpg

P2071813.jpg

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA