トレヴェニアン「夢果つる街」ミニ読書会というか、ほぼ飲み会

トレヴェニアン「夢果つる街」ミニ読書会というか、ほぼ飲み会

ハードボイルドミニ読書会の面々で、久しぶりの読書会というか飲み会。 課題本は、トレヴェニアンの名作「夢果つる街」   いつものごとくカメ邸にお邪魔。 写真撮り忘れたけど、奥様お手製のナスとベーコンのサラダは絶品 […]

近未来の”一切衆生悉有仏性”は「ネクサス」で叶えられる?

近未来の”一切衆生悉有仏性”は「ネクサス」で叶えられる?

本書は、マイクロソフト社で要職をつとめていた著者による近未来SF小説。      舞台は脳神経科学が格段に進歩を遂げた近未来。 本のタイトルにもなっている「ネクサス」とは、経口摂取タイプのナノテクで、思考スピー […]

ホールデンとは真逆の鬱屈。ゴールド・ダガー受賞作「東のはて、夜へ」

ホールデンとは真逆の鬱屈。ゴールド・ダガー受賞作「東のはて、夜へ」

ゴールドダガーを受賞した新人作家による今年の話題作の一作。 他にもクライムノヴェルの賞を受賞しており三冠らしい。 エドガー賞の処女長編部門にもノミネートされていたようだが、こちらは残念ながら受賞とはならなかったようだ。 […]

「人類はなぜ肉食をやめられないのか?250万年の愛と妄想のはて」牛豚鶏羊、犬肉、謎肉、人肉まで。

「人類はなぜ肉食をやめられないのか?250万年の愛と妄想のはて」牛豚鶏羊、犬肉、謎肉、人肉まで。

人は肉食を愛している。特に欧米人は肉が主食だといわれるほど消費量も多い。米が主食といわれていた日本人も肉を多く食べるようになった。 本書はなぜ人類が肉を食べるのが好きなのかを探求した本である。 250万年の愛と妄想のはて […]