春の熊本旅行② 黒川温泉の「お宿のし湯」と「湯あかり」

黒川温泉でのお宿は「のし湯」さん。
小規模な温泉宿が多い黒川温泉ですが、ここも全11室の小さいお宿。

黒川温泉の鄙びた雰囲気が存分に味わえる古い農家風。

人気のお部屋は予約して時点ではもう取れず。
でも、広めの和洋室は居心地良くて大満足でした。
お部屋に案内されると、茶香炉のいい香り〜

 

ダブルガーゼのパジャマ、浴衣、タオル類はこの箪笥に入っています。

アメニティも十分。
身体を洗うボディタオルがあるのがうれしい。
と言っても私はいつもジムで使ってるものを持参するのですが。

中庭も館内の設えも素敵。
どこもとてもきれいに保たれています。

 

お風呂は、男女内湯に貸し切りできる家族風呂が4つ、男女露天風呂。お風呂がついていないお部屋だったけど十分でした。
おそらく満室だったと思うのだけど、ほとんど独り占めw

夕食はお食事処で18時から。
掘りごたつのテーブルはパーテーションはないものの、テーブルの間隔が十分なので気になりません。

お食事は季節の会席。

あか牛も登場。

お腹いっぱい。
最後の季節の炊き込みご飯は、ほぼ間違いなく食べられないので、蓋付の茶碗でお部屋にお持ち帰りできるようになっています。
おにぎりにしてくださると嬉しかったかも。

食事の後は、「湯あかり」を見がてら温泉街を散策。

素朴で暖かみのある灯りが素敵です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です