稲取と河津桜、伊豆プチトリップ 〜その2 食べるお宿

稲取での宿泊は、「食べるお宿 浜の湯」さん。食事の評判と絶景露天風呂が決め手で選んだ宿。
ロビーでお茶をいただきながらチェックイン。

 

お部屋もオーシャンビューだったけど、残念なことに外は・・・

春に三日の晴れはなしとはよくいったもの。
絶景露天はかなり微妙だったけど、食事のほうは看板に偽りなし。
お昼も軽くしておいたし、温泉に入ってお腹を空かせ、いざ!

 

カンパイはスプマンテで。

前菜七種

平行してアワビを蒸し焼きにしています。

蒸しあがったらバターとレモンで。
ワインすすむ〜

続いてどーんと舟盛りのお造り登場!
すごい迫力・・・

ワサビは自分ですりおろして。

新鮮プリプリ美味でございますぅ。

 

謎の玉手箱登場。

開けてみると、上品なブリ大根。
ほのかな柚子の香り。下に敷いてある三浦大根も柔らかくて美味しい。
この冬は大根も白菜もやすいですねよ。
三浦大根なんて豊作すぎて廃棄しているんだとか。もったいないなって思ってしまうけど、需要と供給の問題。大根農家の方にしてみると全部出荷してしまうと大幅に値崩れしてしまうから仕方ないのかな・・・

ここまでで結構お腹いっぱいになってきたけど、実はまだまだなのです。
どどーんとかなり大きめな金目鯛の煮付け登場!
味付けも濃すぎず薄すぎず、金目鯛の身もふんわり。

圧倒的ボリュームにギブ間近・・・
そりゃ、美味しいのはわかっているけど、白いご飯なんかとんでもないわ。

だって、さらにこれにお肉もつくのよ。

〆は蛸飯だったけど、一口しか食べられず。
夜食用におにぎりにしていただいた。

 

ちなみに夕食朝食ともに部屋出し。
翌日の朝ごはんもとてもとても豪華で舟盛りのお造りがついていた。
もう2日くらいはお腹が空きそうにないと思っていたけれど、朝もほぼ完食(笑)

伊豆の海の幸を堪能。
大変美味しゅうございました!

露天風呂も晴れてたらかなり素敵だったと思う。
次回は是非お天気の良いときに来たいな。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA