人は不死と幸福を目指して”神”にアップグレードする?「ホモ・デウス 〜テクノロジーとサピエンスの未来」

人は不死と幸福を目指して”神”にアップグレードする?「ホモ・デウス 〜テクノロジーとサピエンスの未来」

「サピエンス全史」の著者ユアン・ノア・ハラリの新作。本作ではサピエンスの未来について予測している。   ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来 ホモ・デウス 下: テクノロジーとサピエンスの未来 神へのアップ […]

近未来、完全に消費可能なレプリカントの誕生もありうる?「合成生物学の衝撃」

近未来、完全に消費可能なレプリカントの誕生もありうる?「合成生物学の衝撃」

もしも人造人間というものが誕生するのなら、それはAIを搭載した精密な機械だろうと思っていたが、本書を読んで、それは生身の人間なのかもしれないと思い直した。 自分の常識を覆す知識が得られるのも読書の醍醐味だ。   「合成生 […]

我々はサピエンス、ネアンデルタール、デニソワの集団性交の結果?!元ネイチャー編集者による「ゲノムが語る人類全史」

我々はサピエンス、ネアンデルタール、デニソワの集団性交の結果?!元ネイチャー編集者による「ゲノムが語る人類全史」

「サピエンス全史」ほどではないが、最近読んだ良書。 文字通り、私たちの祖先はネアンデールタール人やデニソワ人と交配していた。 ゲノムが示すところによれば、我らが祖先は彼らに出会うと必ず交配し、その後も出会うたびに交配して […]

よりリスベットらしくなったラーゲルクランツのミレニアム5「復讐の炎を吐く女」

よりリスベットらしくなったラーゲルクランツのミレニアム5「復讐の炎を吐く女」

故スティーグ・ラーソンが生み出したリスベット・サランデルはもはや偶像視されているため、ラーゲルクランツのリスベットには賛否あるかもしれない。 でも、私は彼の描くリスベットが大好きだ。ラーソンのリスベットを読み込んで解釈し […]

遺伝子は、変えられる。〜あなたの人生を根本から変えるエピジェネティクスの真実 / シャロン・モアレム

遺伝子は、変えられる。〜あなたの人生を根本から変えるエピジェネティクスの真実 / シャロン・モアレム

少し前に「言ってはいけない 残酷すぎる真実」という本と、「日本人の9割が知らない遺伝の真実」というのを読んでいたので、まあね…知ってたけどね…と観念していたけれど、、、、 本書のタイトルは、なんと「遺伝子は、変えられる」 […]

サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福/ ユヴァル・ノア・ハラリ

サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福/ ユヴァル・ノア・ハラリ

最近読んだなかでのベストオブベスト。 各国でベストセラーになっているし、新年早々のNHKの「クローズアップ現代プラス」にも取り上げられていたのでご存知の方も多いだろう。 単行本で上下巻。少し躊躇してしまう価格でもあるが、 […]

ゼロ / マルク・エルスべルグ

ゼロ / マルク・エルスべルグ

ヤフーやグーグルなどの検索エンジンは、もはやなくてはならない存在だ。 が、逆に個人情報を吸い上げられているとも言える。優れたデータ収集プログラムを備えている彼らは、私のこれまでの検索歴や購買歴から、どういうものを欲してい […]

サイコパス  秘められた能力 / ケヴィン・ダットン

サイコパス  秘められた能力 / ケヴィン・ダットン

サイコパスといえば何を思い浮かべるだろうか? ドラマ『クリミナル・マインド』に登場するシリアルキラーか、はたまた『羊たちの沈黙 』のレクター博士だろうか。 しかし、厳密に言えば、サイコパス=反社会的人格障害ではないのだと […]