捕食者にも捕食者はいる。一味違うサイコ・ミステリー「そしてミランダを殺す」

捕食者にも捕食者はいる。一味違うサイコ・ミステリー「そしてミランダを殺す」

世界情勢を鑑みても、今はフィクションよりもリアルのほうが圧倒的に面白い時代だ。読書傾向も新書などに傾きつつあるのが、久しぶりにミステリ系を読んでみた。 ここ最近とハズレ続きだったので、全く期待していなかったのだが、これが […]

ドイツの次はオージー?豪州で話題の女流作家のデビュー作「偽りのレベッカ」は…?

ドイツの次はオージー?豪州で話題の女流作家のデビュー作「偽りのレベッカ」は…?

翻訳ミステリーシンジケートに取り上げられていたので読んでみたオージーミステリ。実は「蝶のいた庭」のほうを先にDLして読み始めたのだが、いまひとつ気分が乗らないため、こちらのほうを先にしてみた。 サイコミステリと紹介してあ […]

よりリスベットらしくなったラーゲルクランツのミレニアム5「復讐の炎を吐く女」

よりリスベットらしくなったラーゲルクランツのミレニアム5「復讐の炎を吐く女」

故スティーグ・ラーソンが生み出したリスベット・サランデルはもはや偶像視されているため、ラーゲルクランツのリスベットには賛否あるかもしれない。 でも、私は彼の描くリスベットが大好きだ。ラーソンのリスベットを読み込んで解釈し […]

一周回って元の木阿弥?噂の華文ミステリ「13・67」

一周回って元の木阿弥?噂の華文ミステリ「13・67」

あのウォン・カーウァイ監督が映像化権獲得した話題作。 タイトルの「13・67」は、2013年と1967年のこと。本書は一人の刑事を通して2013年から1967年へと遡っていくという構成の全6編から成る短編集。    全く […]

近未来の”一切衆生悉有仏性”は「ネクサス」で叶えられる?

近未来の”一切衆生悉有仏性”は「ネクサス」で叶えられる?

本書は、マイクロソフト社で要職をつとめていた著者による近未来SF小説。      舞台は脳神経科学が格段に進歩を遂げた近未来。 本のタイトルにもなっている「ネクサス」とは、経口摂取タイプのナノテクで、思考スピー […]

ジャッカルの日 / フレデリック・フォーサイス

ベルギーでテロが起き、今回は邦人も被害にあったという。 ちょうどこの連休に友人が渡仏したのだが、予算が許せば私も一緒に行こうと思っていたのだ。結局、航空券の手配ができず諦めたのだが、他人事はない思いで今朝のニュースを見た […]

ガール・オン・ザ・トレイン / ポーラ・ホーキングズ

ガール・オン・ザ・トレイン / ポーラ・ホーキングズ

明日からまた日常が戻ってくる。一週間、頑張らねば(なにを?) それはそうと、箱根駅伝は青学のぶっちぎり!!! ぶっちぎりすぎで逆にツマラナイ。 青学ってついこの間まで駅伝で優勝するような感じでもイメージでもなかったが時代 […]

グリシャム「法律事務所」読書会!

グリシャム「法律事務所」読書会!

ハロウィンです。 いつからこんなに流行りだしたのだろうか。 便乗して、昨日の読書会はハロウィン・メニュー。   ハロウィン限定、おばけ付きのハニートースト! 横浜読書会(スピンオフ)は居酒屋で読書会をやっており […]