病床の名探偵が挑む、時効を迎えた少女レイプ殺人。レイフ・GW・ペーションの「許されざる者」

病床の名探偵が挑む、時効を迎えた少女レイプ殺人。レイフ・GW・ペーションの「許されざる者」

紹介文に「スウェーデン・ミステリ界の重鎮による究極の警察小説」とあるが 厳密にいえば、警察小説ではない。主人公は元警察官ではあるが、既に引退しているので、探偵小説というほうが正しいのかな? 許されざる者 (創元推理文庫) […]

「海岸の女たち」読書会。だけど、話題の中心は羽生くんの金の五輪金!

「海岸の女たち」読書会。だけど、話題の中心は羽生くんの金の五輪金!

少人数だったので、焼き鳥屋さんの個室でまったり読書会。 ちょうどフィギュア男子FSの日。皆、羽生くんと宇野くんの活躍を見届けてからきており、金銀メダルに乾杯。 おめでとうございます!!! 想像を絶する重圧の中での金メダル […]

”北欧ミステリ新女王”の「海岸の女たち」。日本刊行するなら2011年以前だったのでは?

”北欧ミステリ新女王”の「海岸の女たち」。日本刊行するなら2011年以前だったのでは?

週末の読書会の課題本。 なんでも、著者は「北欧ミステリの新女王」らしいが、そもそも「北欧の旧女王」って誰のこと?(笑) 主人公は、ニューヨークで舞台美術家として働く女性、アニー(アリーナ) 彼女は、妊娠が判明し、ジャーナ […]

ローセの秘密が明らかに。そして重大危機に瀕する「特捜部Q 自撮りする女たち」

ローセの秘密が明らかに。そして重大危機に瀕する「特捜部Q 自撮りする女たち」

だいたいが私は北欧ミステリといわれる、暗〜い、陰惨、救いの三点セットものにはもう飽き飽きしている。 でも、ユッシ・エーズラ・オールスンの「特捜部Q」シリーズ(とミレニアム)は別格。 この手のエンタメ系小説は好みによると思 […]

よりリスベットらしくなったラーゲルクランツのミレニアム5「復讐の炎を吐く女」

よりリスベットらしくなったラーゲルクランツのミレニアム5「復讐の炎を吐く女」

故スティーグ・ラーソンが生み出したリスベット・サランデルはもはや偶像視されているため、ラーゲルクランツのリスベットには賛否あるかもしれない。 でも、私は彼の描くリスベットが大好きだ。ラーソンのリスベットを読み込んで解釈し […]

犯罪心理捜査官セバスチャン第4弾「少女」。あのセバスチャンが…?

犯罪心理捜査官セバスチャン第4弾「少女」。あのセバスチャンが…?

本書は、北欧ミステリの人気シリーズ第4弾。最近のシリーズものは、第1作から読まなくてもいいように描かれていることが多いが、如何せんこれは「読む海外ドラマ」なのだ。最初から読まないことにははじまらない。 ただ、サクサク読め […]

読む海外ドラマ「犯罪心理分捜査官セバスチャン」シリーズ

読む海外ドラマ「犯罪心理分捜査官セバスチャン」シリーズ

手を出すのを躊躇していたが、今出ている「白骨」まで三作全部連続で読んでしまった。 結構高くついてしまった・・・(笑) まるで海外ドラマなので、途中でやめられないとまらない。 北欧ものに共通する暗くて陰惨なイメージはあまり […]

オスロ警察殺人捜査課特別班 アイム・トラベリング・アローン / サミュエル・ビョルク

オスロ警察殺人捜査課特別班 アイム・トラベリング・アローン / サミュエル・ビョルク

ここ最近食指が動かなかった北欧ミステリ。 帯に「北欧ベストセラー」とあったので、どんなものかいなとポチってしまった。   正直いって「世界中が震撼!」はしないと思う・・・   物語の舞台はノルウェー。主人公は前の事件で左 […]

その雪と血を / ジョー・ネスボ

その雪と血を / ジョー・ネスボ

本は99パーセント、電子書籍を買っている。便利というのが一番の理由だが、数年前からヘパーゼン結節という関節炎になってしまい親指の関節が痛いのだ。 重い単行本なんて、もう無理ぴょん。   なので、リアル書店にはたまにしか行 […]