趣味は、読書と「食魔」です。

マザコンで足フェチで、マゾな谷崎潤一郎は、また、グルメとしても知られている。
戦時下にあっても、横浜、熱海、京都の家々で、折々の贅沢な食材を堪能していたというし、その作品にも食べ物を食すシーンが必要以上に書かれてもいる。

その「食」に焦点をあてた谷崎潤一郎論が本書、「食魔 谷崎潤一郎」という本だ。この「食魔」というのは、岡本かの子の小説にもあるが、だいたい「食に取り憑かれた人」ともいう意味で使われているらしい。

 
著者によると谷崎は、
「美食に溺れつつも、一歩引いた目線から食に執着している自分の醜悪さ滑稽さ、ひいては『ものを食う存在』としての人間の業の深さを批判的に見つめている」
のだという。
 
読んだ感想としては、「やっぱり変態だったんだ」という感じ(笑)
知ってましたけど。
食の観点からもやっぱり変態だった。だから、私は谷崎文学が好きなんだろうな。
 
この本の著者曰く、
「暇さえあれば食べ物のことを考えてしまう自分を愚かだなぁと思い、そう思いつつも食べることが好きで仕方がないと思う時、あなたは立派な食魔である」
 
料理の写真を、後で何度も見返して反芻しまう私も、また、まごうかたなき食魔でである。
 
というわけで、我が食魔フレンドの皆様、次回は共に美味しいお店を回想いたしましょう。
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA