読書会

『探偵は壊れた街で』読書会

2015-07-04

この日の読書会は全部で8名。

場所は横浜駅からほど近いいつものお店。
実はここカラオケ屋。すっかりお得意様(笑)

KIMG0121.jpg

ちなみにカラオケは一度もやったことない。お店の人たちは「この人たち、何やってるのかしら」と不思議に思っているだろう。ええ、不思議集団なのです。

 

課題本は、先だっての「翻訳ミステリー大賞コンベンション」のビブリオバトルで東京創元社さんが推薦されていた『探偵は壊れた街で』。

 

今回の読書会開催に際しては、東京創元社の担当編集の佐々木さんよりこんなメッセージをいただいた。

ヘンテコな作品ですし読む人を選ぶ面もあるので、意見が紛糾すると思います。 おもしろかった! という方はわたしと好みが合うと思いますので、 今後も担当書をチェックしていただけますとうれしいです(笑)

ありがとうございました!

本書はハリケーン・カトリーナのもたらした惨事の復興途中のニューオリンズの街を舞台に、女探偵のクレア・デウィットが予知夢や易占いなどの独自のスピリチュアルな手法を用いて、検事補ヴィク失踪の真相を探るというストーリー。

◆ 採点

今回の平均点は、10点満点中、5.5点

 予想はしていたが、男性陣には概して不評
 他方、女性陣はこういうのは割と好きという人が多かった。

 

 

◆良かった点

*著者がテレビの脚本家をしていたせいか、映像的で読みやすい
*これくらいのオカルト(?)なら受け入れられる
*SFのように設定を受け入れてしまえば、楽しめる

*ありがちな若くて綺麗な女の子を主人公にせず、個性を持たせたのは良いと思う。 *オリジナリティがある
*ニューオリンズという街の独自性にスピリチュアルな雰囲気があっている
*ハードボイルドな語りとスピリチュアルな主人公のキャラとのズレが面白い効果

*全体的にディテールが凝っていて女性的
*シレットの娘とトレーシーの失踪の謎があとをひく(続編も必ず読むと思う)

*装丁が魅力的

 

 

◆悪かった点

*ハードボイルドではない


*クレアは探偵というより占い師か呪術師
*主人公に魅力を感じない
(師匠のコンスタンスは魅力的に感じたが・・・)


*事件の真相がありきたり
*性の部分がでてこないなと思っていたら、案の定小児性愛ものだった
*アメリカの作品は小児性愛者ものがやたらと多い

*シレットの御託が大したことない
*小技をきかせようと多くの布石を打っているが収拾できていない

 

 もっとも多かった意見が

「これ、ハードボイルドじゃないよね・・・」

とことで、コンベンションのビブリオでは「探偵にできるのは、謎を解決し前に進むことだけだ」というフレーズにとても感銘を受けたとプレゼンされていたが、この部分を探すのは大変だった( 苦笑)なぜなら、この言葉と物語自体の印象が違いすぎたから。 

ハードボイルドは一言でいえば「男のやせ我慢の美学」だが、主人公のクレアはそのの対局にある。
また、探偵といものの概念が一般のそれから乖離しすぎている。クレアは、探偵というよりも占い師か呪術師なのだ。

著者はシャーロックを意識しているらしいが、シャーロック的の理詰め感は乏しく、推測には根拠がない。

曰く、

シャーロックだって、お酒も麻薬もやっているし、彼はクレアを気にいると思う。
ホームズやエドガー・アラン・ポーのデュパン、フィリップ・マーロウは、彼女のやり方には感心しないと思うけれど、彼女が出す結果には満足してくれることでしょう。


そうかな???
 もしもあなたが、失踪人探しを探偵に依頼するとして、シャーロック、デュパン、マーロウと本書のクレアなら、誰に依頼したいだろうか?

 ヒロインものというのは難しいのだ。

Only registered users can comment.

  1. SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Spenth様
    読書会お疲れ様でした。ブログの更新もお疲れ様です。
    ご懸念のゴルフはほとんど降られることがなく、金曜の雨の勢いのためか、キャンセルも多く、待ち時間が少なくて、早く上がることが出来ました。
    金曜日ぐらい降ったら、さすがに嫌気が指しますし、多分グリーンに水がたまり、ゴルフでなくなってしまうので、雨の時のするかしないかは程度問題です。
    さて、読書会ですが、さすがに皆さん細かいところまでよく読み込んでおられて、コメントも深いものが有り、敬服いたしました。
    私はもっぱらプロットを追うばかりで、次に何が起きるか、登場人物が何をやらかすかばかり見ているので、劇画(G13?)を読んでいるのと大して変わらないかもしれません。色々勉強になりました。
    次回は「笑う警官」とか。1968年発行ですよね。俺は18か。
    でも、読んだ記憶があるので、大学生時代ですかね。暇が結構ありましからね~。(そういえば、大学一年の時、三島の「天人五衰」読んだな~。)
    最近の北欧ミステリーの超先駆けですね。その後、続かなかったのはどうしてでしょうか。カメさんだったら、解説していただけそうですね。
    アマゾンを覗いたら、新訳を出す理由は?とか、旧約の高見浩訳のほうがいいとかやはり海外ものは訳で色々変わってくるようです。
    今回は旧約と新訳両方読まないといけんかな。
    次回また、楽しみにしています。
    P.S.参加して、色々疑問が出てきたのですが、大したことでは無いので、また、おいおいお聞きします。
    それではまた。

  2. SECRET: 0
    PASS: 5f461b5ec95b6601ba30ea573a0abf03
    なんかセレブリティな匂いのするカラオケルームでの読書会ですなぁ。
    そんな読書会という逃避の場が欲しい気もする今日この頃・・。
    しかし今日の市場、既視感というにはそう日も経っていない、
    つまり先週と同じことを無駄に繰り返した今日一日なのでした。
    某国にはペナルティとして、次のオリンピックでは最後尾入場のお仕置きを(ゆるい罰)。
    過去バブルをやらかし、迷惑かけたこともあったろうけど、
    某国ほど立振る舞いは酷くはなかったと思うぞ。
    ・・と、グチグチ文句言っても仕方ありませんが。
    本書・・なんか読む気の起こらないタイプのミステリかも(失礼)。
    ただ古都ニューオーリンズ(暗く湿った南部)の特徴的な景色は不気味を隠していて、
    オカルト色濃密なその雰囲気は舞台として魅力的。
    ブゥードゥー教の呪いでややこしい災厄いっぱい抱えこみそうだし
    (偏見・・怒られる)。
    あとマルサリス『シック・イン・ザ・サウス』はやはり名盤だと思う。
    自分は薄いポケミスを一冊、ルへインの『ザ・ドロップ』読みます。
    ではまた。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    naoさん、おはようございます。
    全然セレブなんかじゃないですよ。
    ここは飲み物をオーダーしても持ってくるのが遅いし、価格もやや高めなのですが、完全防音というのは何ものにも代え難い!
    この『探偵は壊れた街で』は、男性陣には申しわけなかったような… 。
    といっても私が選んだわけではないのですが。
    占い好きな女性には向いているのじゃないかな?
    それから、
    ま〜〜たやらかしましたね。あの怠け者の国は…
    彼らはお金がなくても、普段のライフスタイルを変えず、カフェで遅い朝のコーヒーを楽しみ、昼寝までしてるそうじゃないですか。
    危機感とか全然ないのがすごいわ。
    私は金融株が多いし、ヘッジの1552のおかげでダウが気になり夜もおちおち眠れないというのに、全く!
    昨日先物が少しだけあがっていたので今日は期待したいですが、当分こんな調子なのでしょうね。
    どう決着がつくにしろ、サイは投げられた。
    もはや私にできることはないので、ギリシャ人をみならって今日はジムに行きます(笑)
    『ザ・ドロップ』、私は良かったです。
    ルヘイン作品にしては小粒感がありますが、やっぱりルヘインなんですよ。
    はやく『夜に生きる』の続編コングリン家三部作の三作目も読みたいです。

  4. SECRET: 0
    PASS: 5f461b5ec95b6601ba30ea573a0abf03
    昨日今日・・波乱はやみませんなぁ(中国はワカラン)・・ふう。
    もう市場では大型台風ふたつの襲来を受けた惨状であります。
    最近愚痴をこぼしにここを訪れているような。
    「ザ・ドロップ」は映画のノヴェライゼーションの仕様ですが、
    ルへインさん、こんなに人物描写の巧いヒトとは知らなかったよ(失礼)。
    読んでいる間、映画版の舞台であるらしいブルックリンを想定して読みました。
    原作はボストンの下町ですが、いまいち掴みにくいので。
    おっかない(柄のよくない=穏当な表現)街というボストンの印象、
    ベン・アフレック監督主演作『ザ・タウン』(佳品)のああいう感じを連想すればいいのかなぁ。
    映画『ザ・ドロップ』ではボブ役をトム・ハーディが演じているとか・・イメージが違うような。
    近作の主演作「マッドマックス」が大ヒットしたちともっさりした感じのヒト。
    このヒトは近日公開(?)のあの『チャイルド44』にも出演しているのですなぁ。
    そう言えばロブ・スミスの新作の刊行も近いとか(噂?)。
    今はミステリより獅子文六の旧作を読み、
    軽妙明快な文体で鬱気をはらっております・・癒される。
    ではまた。

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    naoさん、こんばんは。
    もうね、私もフルボッコですよ!
    ギリシャはまだしも中国はね…
    逃げるが勝ちだと思って、身を切られる思いで、昨日かなりの部分処分しました。
    待てば戻す可能性もありますが、中国はどうなってるのかわからないだけに怖すぎて。
    おかげで大損ですよ、トホホホ…
    ただ、これで安眠できます。
    高い授業料でした…。
    >ルへインさん、こんなに人物描写の巧いヒトとは知らなかったよ(失礼)。
    でしょ?でしょ?
    ルヘインはいいです。さすがですよね〜〜!
    ちょっとした機微とか、そういうのがわかっているというか。
    はやく「夜に生きる」の続編も読みたいですね〜
    ルヘイン作品の映画版では、日本未公開ですが、いまのところベン・アフレックの『gone baby gone』が一番かと。
    トム・ハーディは雰囲気が違う感じですよね。
    映画といえば、私は『チャイルド44』もズッコけるのではないかという気がします(笑)
    でも、レオ様がやらないだけマシかな。
    私は今は「クロニクル4部作」の三作目です。
    これは割とnaoさん好みかも。
    では、では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA