フィクション

億男 / 川村元気

2015-04-20

お金に関する本で最近読んだのは『21世紀の貨幣論』だ。

あれがフルコースならば、本書はファストフード
雑誌BRUTUSに連載されていたらしいが、ブルータス、まだあったとは(←失礼!)
マガジンハウスなので、テイストはいかにもそういう感じ

主人公は一男という男である。
昼間は図書館で司書として働き、夜はパン工場でパンを丸めている。百貨店に勤める妻と9歳になる娘がいるが家族とは別居しており、パン工場の寮に住んでいる。

別居の原因は、一男の弟が3,000万の借金を残して失踪してしまったからだ。親には余裕がなかったため一男が肩代わりをすることになった。
妻も妻の両親も援助するといってくれたが自分で返そうと心に決めた。しかし、次第に妻とは口論が絶えなくなり、家を出て行ってしまった。つまり、一男の今の状態の原因は”お金”だ。

ところが、偶然商店街の福引きで貰った宝くじが当選してしまった。しかも3億円という大金だった。
ネットには高額当選者の悲劇が溢れている。たくさんの人がお金によって不幸になっているという現実がそこにはあった。
彼はそれにとまどい、かつての親友で今は億万長者の九十九に連絡をとる。15年ぶりのことだった。あることで一男と九十九は疎遠になっていたのだが、一男にとって親友と呼べるのは九十九しかいない。
お金と幸せの答えを教えてくれるのは、九十九しかいなかった。
しかし、九十九は一男の3億を持ったまま失踪してしまうのだ・・・

えっとですね、私の感想は、一男はオロオロしてないでまず借金返そうよ?ということである。
そもそも弟の負債を兄が負う義務はない。例えば兄ば亡くなった場合の相続は、当然のことながら兄の妻子、その妻子がいなければ親、親も鬼籍に入っていれば、ようやく弟に順番がまわってくるのだ。法的には兄弟姉妹はそういう扱いだ。
それに、なんの担保も財産もない人間に大金を貸してくれるほど世の中は甘くない。駄目な弟の借金というのもリアリティ乏しい気がする。

ただ、所々差し挟まれる著名人のお金に関する金言はとても興味深かった。トルストイ、ビル・ゲイツ、チャップリン,etc,etc こうした金言は重い。

九十九にお金を持ち逃げされた一男は、その行方を追ってかつての九十九の同僚を訪ね歩く。
その3人はかつて九十九とともに会社を立ち上げたメンバーであり、その会社の成功と買収で今では九十九同様億万長者だ。

彼らのそれぞれのお金に対するスタンスは面白かった。
お金から自由になったと思っているが逆に絡めとられている十和子。
百瀬は常にアドレナリンを求め賭けを続ける。お金を持ってるということの恐怖とたたかうためだろう。
また、千住はお金というものの実体のなさに取り憑かれている。
彼らに共通しているのは、形こそ違えど皆お金を恐れているということだろうか。

「お金と幸せの答え」について最後に一男がたどり着いたのは、あなたの予想通り。

 

ちなみに、わたしは常に6億当たったら・・・と妄想しております。シミレーションはばっちり。あとは当たるだけ〜

 

 

 

 

Only registered users can comment.

  1. SECRET: 0
    PASS: 5f461b5ec95b6601ba30ea573a0abf03
    この本はラジオで紹介されていて(なかなか上手な紹介)おもしろそうにも思ったのですが、
    それ程内容あるものではない感じですなぁ?
    それはともかくトシ取るとちょっとしたことでケガにつながりますなぁ。
    そして今回のお金がらみの本の記事を合わせ読むと、
    何か家庭内の不穏な景色が見えてくるような・・。
    何かSpenthさん階段に細工しましたな・・で旦那さんを・・
    その生命保険の金額(総額)が6億円(!)とか。そして・・
    「何を隠そう、6億の使い道を常に妄想している人間なので…」
    との告白(オチ)につながる・・ほくそ笑む黒いSpenthさん。
    こわいね女性は・・。
    ・・などと、ヘンな妄想を膨らませるのはやめて、
    最近おもしろい新刊ミステリなにかありましたか?
    こちら(田舎)には何の情報も伝わってこないのでした。
    最近読んで物語らしい物語に浸れたのは『古書の来歴』くらいです。
    (「火星の人」はそろそろ順番回ってきそう)。
    日経は雲を突き抜け20000超えたとか・・勝手に騰がりやがって。
    自分の保有株は光も届かぬ深海を潜航中。
    ではまた!

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    naoさんこんばんは!
    >それ程内容あるものではない感じですなぁ?
    『21世紀の貨幣論』に比べれば、やはりボリュームも内容も薄めではあります。
    マガジンハウスだし、ブルータスですからね。お察しください。
    結論は…なんとなく予測できると思うのですが、たぶんご想像の通りです。
    >何かSpenthさん階段に細工しましたな・・で旦那さんを・・
    ちょっと、ちょっと(笑)
    我が家はいたって円満ですのよ。オホホ
    ていうか、6億の生命保険って掛け金いくらなんですか〜!
    >最近読んで物語らしい物語に浸れたのは『古書の来歴』くらいです。
    おお、今はなつかしき、ランダムハウス
    私もこの本大好きでした!!!
    最近面白いかも?と今期待して今、読んでいるのは、「クロニクル4部作」の第1弾目「クロニクル トルコの逃避行」です。
    う〜ん、超長篇だし複雑なので、4部作全部読まないとなんとも言えないかも。
    なんでも5、6、7月と連続で刊行されるらしいです。
    でも、naoさん好みじゃないかな?
    その次あたり、他に何もなければルヘインかな。
    そうそう、5月の終わりだったかな、カズオ・イシグロの新刊長篇『忘れられた巨人』がでるそうですよ。
    6月に来日するそうです。この早川のイベント参加できるようならいってきます。
    >自分の保有株は光も届かぬ深海を潜航中。
    同じく・・・私のほうがあと数年は駄目かも。
    もうね、みんかぶから毎日届く今日の終値メールなんて見るのも嫌ですよ。
    トホホ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA