シャーリーズ・セロン

私は映画館があまり好きではないが、話題作は一応みておきたい派。なので、映画は、ほぼWowowやらアップルテレビでみる。
昨日アップルテレビのトップに「マッドマックス 怒りのデスロード」があがっていたので、遅ればせながら観てみたのだ。

これは、アカデミー賞6部門とったのは納得!
美術とか、衣装デザイン、メイキャップヘアスタイリング、編集、音響、録音とかに限っては、すごい情熱とお金がつぎ込まれている。
監督なら一度はこういうことをやってみたいだろう。

でも、この映画で一番驚いたのは、あのお美しいシャーリーズ様が、坊主頭にして、顔に黒いグロスを塗ったくって、フュリオサ大隊長を演じていたことだった。

mad-max-fury-road-furiosa.jpg
Jadore2011CadreeMatFonce2_280F39.jpg

トム・ハーディや他の俳優陣のアクションもかなりすごいのだが、ただ、肝心のストーリーはかなり残念だった。
アクション映画の宿命なのだろうが、「作り」のみが際立った映画だった感あり。

ところで、シャーリーズ・セロンは「モンスター」で15キロ太って役作りしたおかげでオスカーを受賞したが、今回はノミネートすらされず・・・

たまには映画でもめいっぱい綺麗なシャーリーズがみたいなぁ。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA