紛争最中の北アイルランドで起きた”同性愛者連続殺人事件”の顛末「コールドコールドグラウンド」「

紛争最中の北アイルランドで起きた”同性愛者連続殺人事件”の顛末「コールドコールドグラウンド」「

  コールド・コールド・グラウンド (ハヤカワ・ミステリ文庫) 本書は紛争最中の北アイルランドを舞台にした警察小説である。 手にとるのは、音楽ファンか、北アイルランドという土地に惹かれるかのどちらかではないだろうか。もち […]

悪人でないからこそ破滅する汚れたお巡りの哀歌。ウィンズロウの「ダ・フォース」

悪人でないからこそ破滅する汚れたお巡りの哀歌。ウィンズロウの「ダ・フォース」

ニール・ケアリーのシリーズの頃から、ウィンズロウ作品は出れば読むようにしている。同じところにとどまることなく、いつも新しい何かを見せてくれるから。 本書「ダ・フォース」もそんなウゥンズロウの一味違う警察小説だ。    ダ […]

一周回って元の木阿弥?噂の華文ミステリ「13・67」

一周回って元の木阿弥?噂の華文ミステリ「13・67」

あのウォン・カーウァイ監督が映像化権獲得した話題作。 タイトルの「13・67」は、2013年と1967年のこと。本書は一人の刑事を通して2013年から1967年へと遡っていくという構成の全6編から成る短編集。    全く […]

失踪者 / シャルロッテ・リンク

失踪者 / シャルロッテ・リンク

気がつけば3月・・・早いす。  さて、しばらくぶりのミステリー。なんでもドイツNo.1作家による最高傑作”だそうなので読んでみた。本書の著者シャルロッテ・リンクは、ドイツ国内では、日本でいう宮部みゆきや東野圭吾に匹敵する […]

失踪 / ドン・ウィンズロウ

失踪 / ドン・ウィンズロウ

ウィンズロウといえば、東江一紀さん。一昨年、鬼籍に入られてしまわれたのは周知の通りだ。 東江訳じゃないウィンズロウなんて、ナダルが優勝しない全仏と同じ。 実は恐る恐る読んだのだが、これが実にすんなり読めた。 というのも、 […]

特捜部Q 吊るされた少女 / ユッシ・エーズラ・オールスン

「特捜部Q」のシリーズももう6作目だ。 まだこの「特捜部Q」のシリーズを手にしたことのない人にとっては、過去の5作品を読むのはかなり億劫だと思う。しかもどれも割とボリューミー。 でも、このシリーズは、読まなくてはもったい […]

悲しみのイレーヌ / ピエール・ルメートル

さて、『悲しみのイレーヌ』は、ピエール・ルメートルのデビュー作だ。 そればかりか、『その女アレックス』 で活躍したカミーユ警部シリーズの第一弾でもある。 『その女アレックス 』では、身長145cmの小柄なカミーユ警部が主 […]

猟犬 / ヨルン・リーホル・ホルスト

ド定番の警察小説。 主人公はノルウェーの警察のベテラン刑事、ヴェスティング。 娘のリーネはノルウェーの大手タブロイド紙の刑事事件記者をしている。好奇心旺盛な彼女にはぴったりの職業だ。 そんな折り、彼はリーネから「明日の新 […]