来たるべきIoT時代は安全なのか?年末のお楽しみ、ジェフリー・ディーヴァー「スティール・キス」

来たるべきIoT時代は安全なのか?年末のお楽しみ、ジェフリー・ディーヴァー「スティール・キス」

毎年恒例の年末のお楽しみがやってきた。 そう、ジェフリー・ディーヴァーだ。 お正月休みに読もうととっている人も多いだろうが、私は目の前のご馳走を我慢できない。どうせ年末は呑んだくれていることだし…💦 ライムはある事件がき […]

惜しまれる夭逝。ロジャー・ホッブス「ゴーストマン 消滅遊戯」

惜しまれる夭逝。ロジャー・ホッブス「ゴーストマン 消滅遊戯」

「ゴーストマン 時限紙幣」の続編をずっと待っていた。 というのも「時限紙幣」で”語られなかったこと”がずっと引っかかっていたのだ。 クアラルンプールの案件には裏があったのではないか? アンジェラは […]

その雪と血を / ジョー・ネスボ

その雪と血を / ジョー・ネスボ

本は99パーセント、電子書籍を買っている。便利というのが一番の理由だが、数年前からヘパーゼン結節という関節炎になってしまい親指の関節が痛いのだ。 重い単行本なんて、もう無理ぴょん。   なので、リアル書店にはたまにしか行 […]

過ぎ去りし世界 / デニス・ルヘイン

過ぎ去りし世界 / デニス・ルヘイン

GWですね。 でも、私は平常運転。連休は家で読書でもするに限るのだ。 楽しみにしていたのは、ルヘインのコングリン三部作『過ぎ去りし世界』 である。 コングリン三部作とは、20世紀初頭を生きるアイルランド系アメリカ人のコン […]

ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女 / ダヴィド・ラーゲルクランツ 

ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女 / ダヴィド・ラーゲルクランツ 

ようやくリスベットが帰ってきた! 著者スティーグ・ラーソンが急逝し、もう続きは読むことができないかと思っていたが、ようやくミレニアムが復活した。 日本ではあまり馴染みのない作家であるデヴィド・ラーゲルクランツが続編を引き […]

スキン・コレクター / ジェフリー・ディーヴァー

スキン・コレクター / ジェフリー・ディーヴァー

本書はタイトルから予想できるように、ライム最初の作品『ボーン・コレクター』とゆるく関わりがある。 ライム・シリーズを全部読む必要はないと思うが、本書を読むにあたっては、この『ボーン・コレクター』と『ウォッチメイカー』は読 […]

シンプル・プラン / スコット・スミス

シンプル・プラン / スコット・スミス

本書は、ある男が意図せずしてどんどん道を誤っていく物語である。   主人公は30歳のハンク。生まれ育った田舎町で堅実に働いており、妻のサラにはもうすぐ子供が産まれる。 その日彼は、3歳年上の兄ジェイコブと、ジェ […]

ゴーストマン読書会

先月末熱海 de ポンでも読書会をやったばかりだが、今度は横浜読書会スピンオフの読書会。 参加者は12名だったが、実はこれくらいの人数が一番盛り上がる。 改めて読むとやっぱりこれはスゴいと思ったが、横浜ではフィフティ・フ […]

ゴーストマン読書会@熱海 de ポン!

ゴーストマン読書会@熱海 de ポン!

はい。私はすっかり忘れてました。 “あたぽん”(千葉名古屋横浜読書会合同熱海合宿)で読書会が開催されるなんて。 しかも自分が『ゴーストマン』に申し込んでいたなんて・・・。 読んだのは三ヶ月前、内容もすっかりさ […]