フィクション

流 / 東山 彰良

2015-07-27

吉本の芸人ばかりとりざたされているが、直木賞を受賞したは東山彰良だった。

ミステリー好きには『逃亡作法 TURD ON THE RUN 』といえばピンとくるだろうか。これは第1回『このミステリーがすごい!』大賞と読者賞をダブル受賞している。
ちなみに『路傍』 でも大藪春彦賞を受賞しているので、直木賞も穫るべくして穫ったという感じ。

文庫では垣根涼介氏が解説を書くというので、『逃亡作法』をはじめとした数冊を読んでみたのだが、確かにオフビート!筆力があり、世界と自分との境界というものが際立っていた。
『さすらい』の帯で垣根さんは「ひきこもりの小説に泣いている暇はない。」と言っているのだが、まさにそれ。
あ、私は半分くらい引きこもりに近いが。

 

世界は「流れ」続ける。
本書『流』は東山氏の台湾人の祖父のことを描いた自伝的小説であり、青春小説であり、歴史小説でもある。

舞台は1975年の台湾。蒋介石が没したその年、主人公秋生の祖父は何者かに殺される。第一発見者は秋生だった。祖父は山東省の出身で、戦時中多くの共産党員を殺したという。
短気な反面義理堅くもあり、孫の秋生のことは可愛がってくれた。
警察の見立ては怨恨による殺人。警察の見立て通りだとしても、その恨みが生まれた場所は中国大陸以外には考えられなかった。

秋生は当時台湾で一番の進学校に通っていた。しかし悪友の手引きで引き受けた替え玉受験がばれ、退学させられた。残されていたのは、軍隊に入るか、名前さえ書けば馬鹿でも入れる高校に編入することのみ。迷わず後者を選ぶが、それは犯罪者予備校に通うこととかわりない・・・

old taipei

たぶん当時の台湾は日本より20年は遅れていただろう。物語の端々からノスタルジーが漂う。

”こっくりさん”そっくりの子供の遊び然り、秋生の祖父が守られていたと信じていた”お狐さん”然り。台湾は、中国は、一見欧米よりも遠い国でありながらも、やはり日本の隣国なのだと妙に感心する。

台湾で一番の高校に通っていた秋生の人生は、あれよあれよという間に転落していくが、悲壮感はなくどこか楽しげでユーモラスでさえもある。この怒濤感。

物語を貫くのは「祖父の死の真相」だが、秋生と幼馴染みとの初恋の顛末や、ついにはヤクザになる悪友・小戦との悪さの日々などのエピソードが読ませる。かなり過激だが、キラキラ輝いているのだ。

体験をすることで人は傷つき学ぶ。
ただ、全てを体験するのは無理だ。だから人は本を読むのではないだろうか。
そう思わせてくれる。

 

Only registered users can comment.

  1. SECRET: 0
    PASS: 5f461b5ec95b6601ba30ea573a0abf03
    東山彰良・・直木賞獲るまで知らなかったヒトであります・・実力者。
    おもしろそうですが・・いまは暑いので読むのは無理か。
    涼しいトコで音楽聴くか、ボォーとしていたい(ダメ「にんげんだもの」)。
    でも、読みたい内容の作品であります。
    というのも、内容を読むと自分の大好きなホウ・シャオシェン監督作品の世界・・『悲情城市』『童年往時』『恋恋風塵』(みんな傑作!)ほかを連想されたので。
    自分はみてくれはは違っても、中国人(韓国人)より欧米の方にイメージとして親近感を覚えますが、
    しかし行きたい国、長く住んでみたいと思える国は中国かも。
    『吸血ドラキュラ』の次に『フランケンシュタイン』読んでおります。
    例の怪物がこれほどすぐれた知性(知力)を持ち、思索もする人物(?)に描かれているとは知りませんでした。
    怪物の語りの哀切に惹きこまれるとは・・だけど殺人者。
    『声』インドリダソン気になっております・・美味そう。
    ではまた!

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    naoさん、こんにちは!
    暑いですね〜!!!
    横浜はそれでも都内より1度くらい涼しいのですが、もうこのレベルだとそんなの関係ない。
    暑くて何もやりたくない、本も読めない〜のは同じです。家から出るのにも勇気が必要だし。
    こんな暑さのなか、東京オリンピックなんかやったら死者が出そうな気がするんですけど…
    マラソンとか無理じゃない??
    ハーカウェイの『エンジェルメイカー』も殆ど進まない(笑)
    蛇足が醍醐味のハーカウェイはつくづく夏向きじゃないよなぁ…
    東山彰良氏は、おっしゃるとおり実力者だと思います。
    でも知名度はイマイチだったのかなぁ??
    今回もお笑い芸人も陰に隠れてしまった感はありますね。
    >しかし行きたい国、長く住んでみたいと思える国は中国かも。
    え〜〜〜〜そうなの?
    私はちょっとゴメンこうむりたいかな…
    歴史とかは面白いのですけどね。
    >例の怪物がこれほどすぐれた知性(知力)を持ち、思索もする人物(?)に描かれているとは知りませんでした。
    怪物の語りの哀切に惹きこまれるとは・・だけど殺人者。
    名作といういわれるものは、読み直してもなお、面白いんですよね。
    私もB級ばかりじゃなく、たまにはそういうのも読まなくちゃなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA