世界の終わりの7日間 / ベン・H・ウィンタース

世界の終わりの7日間 / ベン・H・ウィンタース

人類を滅亡させるかもしれない脅威は複数存在する。人類を凌ぐ人工知能の暴走、核戦争、生物工学によるパンデミックやナノテクノロジー兵器「スマート・ポイズン」、小惑星や彗星の衝突… 人類滅亡は、実は非常に人気のある(今のところ […]

サイコパス・インサイド 〜ある神経科学者の脳の謎への旅 / ジェームズ・ファロン

サイコパス・インサイド 〜ある神経科学者の脳の謎への旅 / ジェームズ・ファロン

かのジェームズ・ボンドは、サイコパスであるとしばしば言われる。そもそもサイコパス的気質がなければ、スパイなどつとまらないだろう。 しかし、サイコパスなどという診断は実は精神医学の世界には存在しないのだという。その診断基準 […]

ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女 / ダヴィド・ラーゲルクランツ 

ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女 / ダヴィド・ラーゲルクランツ 

ようやくリスベットが帰ってきた! 著者スティーグ・ラーソンが急逝し、もう続きは読むことができないかと思っていたが、ようやくミレニアムが復活した。 日本ではあまり馴染みのない作家であるデヴィド・ラーゲルクランツが続編を引き […]

人工知能 人類最悪にして最後の発明 / ジェイムズ・バラット

人工知能といえば、一番身近なのは、アイフォンに搭載されているSiriではないだろうか。 残念ながら、私のスマホはアンドロイドなのでSiriはいないが、アンドロイドはグーグルの技術の上に成り立っているのだそうだ。 グーグル […]