フィクション

悪意の波紋 / エルヴェ コメール

些細なことがきっかけで、その後の運命が大きく変わってしまうことはある。本書はそういう「因果」というか「バタフライ効果」について考えさせられるお話。 そして、どんでん返しのおまけ付き。 横浜読書会のメンバーにお借りした本な […]

Continue Reading...

フィクション

億男 / 川村元気

お金に関する本で最近読んだのは『21世紀の貨幣論』だ。 あれがフルコースならば、本書はファストフード。 雑誌BRUTUSに連載されていたらしいが、ブルータス、まだあったとは(←失礼!) マガジンハウスなので、テイストはい […]

Continue Reading...

フィクション

風の丘 / カルミネ・アバーテ

ファシズム政権が吹き荒らる時代の南部カラブリアの田舎が舞台の作品。 歴史大河小説といったところだろうか。イタリアの権威ある文学賞カンピエッロ賞を受賞している。 「嵐が丘読んでるの?!」と聞いてきた妹よ。装丁も雰囲気も違う […]

Continue Reading...

読書会

『暗いブティック通り』読書会

今月の課題本は、ノーベル賞作家パトリック・モディアノの『暗いブティック通り』である。 これまでエンタメ系のものばかり扱ってきたのだが、ついにやってきましたよ。 文学作品の番が! プレゼンターはYッシー。やる気マンマンで資 […]

Continue Reading...