華麗なる作戦と終わることのない闘い。ガブリエル・アロン・シリーズ「死線のサハラ」

華麗なる作戦と終わることのない闘い。ガブリエル・アロン・シリーズ「死線のサハラ」

2000年から続く本シリーズだが、実は日本語訳されているのはわずか8作品のみ。最初の4作品の後はどかーんと空白地帯で、ハーパー・コリンズ・ジャパンのおかげで最近の作品は文庫で読めるようになった。 シリーズものは一話完結っ […]

ハミルトンの新シリーズ第二弾「ニック・メイソンの脱出への道」

ハミルトンの新シリーズ第二弾「ニック・メイソンの脱出への道」

スティーヴ・ハミルトンの新シリーズ「ニック・メイソンの第二の人生」の続編。 最近シリーズものばかり読んでる気もするが、これは欠かせないのでもう仕方ない。   ニック・メイソンの第二の人生 (角川文庫) ニック・メイソンの […]

シアトルにバン・ショウが帰ってきた!シリーズ第二弾「冬の炎」

シアトルにバン・ショウが帰ってきた!シリーズ第二弾「冬の炎」

シアトルの街を舞台にした「眠る狼」シリーズ第二弾。 ハードアクションものでありながら五月蝿くないので、この季節の読書にオススメ。   冬の炎 (ハヤカワ文庫NV) 眠る狼 (ハヤカワ文庫NV) 主人公は陸軍レンジャーのバ […]

ローセの秘密が明らかに。そして重大危機に瀕する「特捜部Q 自撮りする女たち」

ローセの秘密が明らかに。そして重大危機に瀕する「特捜部Q 自撮りする女たち」

だいたいが私は北欧ミステリといわれる、暗〜い、陰惨、救いの三点セットものにはもう飽き飽きしている。 でも、ユッシ・エーズラ・オールスンの「特捜部Q」シリーズ(とミレニアム)は別格。 この手のエンタメ系小説は好みによると思 […]

来たるべきIoT時代は安全なのか?年末のお楽しみ、ジェフリー・ディーヴァー「スティール・キス」

来たるべきIoT時代は安全なのか?年末のお楽しみ、ジェフリー・ディーヴァー「スティール・キス」

毎年恒例の年末のお楽しみがやってきた。 そう、ジェフリー・ディーヴァーだ。 お正月休みに読もうととっている人も多いだろうが、私は目の前のご馳走を我慢できない。どうせ年末は呑んだくれていることだし…💦 ライムはある事件がき […]

犯罪心理捜査官セバスチャン第4弾「少女」。あのセバスチャンが…?

犯罪心理捜査官セバスチャン第4弾「少女」。あのセバスチャンが…?

本書は、北欧ミステリの人気シリーズ第4弾。最近のシリーズものは、第1作から読まなくてもいいように描かれていることが多いが、如何せんこれは「読む海外ドラマ」なのだ。最初から読まないことにははじまらない。 ただ、サクサク読め […]

キモい読者の大暴走、キングの「ファインダーズ・キーパーズ」

キモい読者の大暴走、キングの「ファインダーズ・キーパーズ」

「ファインダーズ・キーパーズ 」は、S・キングのエドガー賞受賞作「ミスター・メルセデス」 の続編。定年退職した元刑事ボッジスが活躍するこのシリーズは三部作で、本書は二作目に該当する。       前作で活躍した […]

新シーズン突入の「暗殺者グレイマン」シリーズ。果たして「飛躍」できたのか?

新シーズン突入の「暗殺者グレイマン」シリーズ。果たして「飛躍」できたのか?

「暗殺者グレイマン」シリーズは、前回の「暗殺者の反撃」で一応の決着を見たはずだった。しかし人気シリーズゆえ、そこでは終わらず新シーズン突入。 なんと「飛躍」するらしいではないか(笑) これは読まなくてはなるまい。というこ […]

読む海外ドラマ「犯罪心理分捜査官セバスチャン」シリーズ

読む海外ドラマ「犯罪心理分捜査官セバスチャン」シリーズ

手を出すのを躊躇していたが、今出ている「白骨」まで三作全部連続で読んでしまった。 結構高くついてしまった・・・(笑) まるで海外ドラマなので、途中でやめられないとまらない。 北欧ものに共通する暗くて陰惨なイメージはあまり […]

ブラック・ウィドウ / ダニエル・シルヴァ

ブラック・ウィドウ / ダニエル・シルヴァ

おおおぉぉぉぉぉぉ、これを待っていた! 4月の翻訳ミステリー大賞コンベンションでの版元対抗ビブリオバトルでは、「その犬の歩むところ」をはじめとした話題作に後塵を拝してしまったが、わたしは「ブラック・ウィドウ」に入れたもん […]