犬好きのための読後感良いリーガル・スリラー「ザ・プロフェッサー」

犬好きのための読後感良いリーガル・スリラー「ザ・プロフェッサー」

自分が歳をとったせいか、最近は読後感のよい本のほうが好きになった。グロいだけのもの、読んで嫌な悪くなるようなものは、もうあまり読みたくはない。だから、「こういうのでいいのよ。」   ザ・プロフェッサー (小学館文庫) 主 […]

ミスター・メルセデス三部作ついに完結!「任務の終わり」

ミスター・メルセデス三部作ついに完結!「任務の終わり」

最近はあまりフィクションに惹かれなくなったけど、キングは別腹。 しかも「ミスター・メルセデス」 の完結編だもの。   今回は「ミスター・メルセデス」 で、大量殺人を犯したブレイディが復活する。 そういう意味で「ミスター・ […]

今回の舞台はシリア!グレイマン・シリーズ「暗殺者の潜入」

今回の舞台はシリア!グレイマン・シリーズ「暗殺者の潜入」

毎回もうこのシリーズ買うのやめようかな、と思いつつも毎度買ってしまう。 だいたい話の筋はみえているので、息抜き読書にちょうどいいというのもあるが、今回は特にグレイマンことジェントリーがあのシリアに潜入するというので、つい […]

華麗なる作戦と終わることのない闘い。ガブリエル・アロン・シリーズ「死線のサハラ」

華麗なる作戦と終わることのない闘い。ガブリエル・アロン・シリーズ「死線のサハラ」

2000年から続く本シリーズだが、実は日本語訳されているのはわずか8作品のみ。最初の4作品の後はどかーんと空白地帯で、ハーパー・コリンズ・ジャパンのおかげで最近の作品は文庫で読めるようになった。 シリーズものは一話完結っ […]

ハミルトンの新シリーズ第二弾「ニック・メイソンの脱出への道」

ハミルトンの新シリーズ第二弾「ニック・メイソンの脱出への道」

スティーヴ・ハミルトンの新シリーズ「ニック・メイソンの第二の人生」の続編。 最近シリーズものばかり読んでる気もするが、これは欠かせないのでもう仕方ない。   ニック・メイソンの第二の人生 (角川文庫) ニック・メイソンの […]

シアトルにバン・ショウが帰ってきた!シリーズ第二弾「冬の炎」

シアトルにバン・ショウが帰ってきた!シリーズ第二弾「冬の炎」

シアトルの街を舞台にした「眠る狼」シリーズ第二弾。 ハードアクションものでありながら五月蝿くないので、この季節の読書にオススメ。   冬の炎 (ハヤカワ文庫NV) 眠る狼 (ハヤカワ文庫NV) 主人公は陸軍レンジャーのバ […]

ローセの秘密が明らかに。そして重大危機に瀕する「特捜部Q 自撮りする女たち」

ローセの秘密が明らかに。そして重大危機に瀕する「特捜部Q 自撮りする女たち」

だいたいが私は北欧ミステリといわれる、暗〜い、陰惨、救いの三点セットものにはもう飽き飽きしている。 でも、ユッシ・エーズラ・オールスンの「特捜部Q」シリーズ(とミレニアム)は別格。 この手のエンタメ系小説は好みによると思 […]