モロッコに行ってきた! その② 〜カサブランカ、首都ラバトから青い街シャウエンへ

今日からはトイレの話ではなく旅行記です。一応。

 
深夜の羽田からドーハに到着すると、
ハマド国際空港では例の黄色い熊がどーん。
PA091423.jpg

巨大空港の中心部にいて目印になっているらしいが、なぜドーハに熊なのか?

全然かわいくはない。
 
 
ドーハでトランジット。ようやくカサブランカのムハンマド5世国際空港に到着した。モロッコは遠いよ〜

bxRTc77wbGmFj5Q1476638224_1476638378.png 
 
 
ムハンマド5世国際空港はカサブランカの玄関口。
PA091429.jpg 
ムハンマド5世は、現モロッコ国王の祖父。
フランスからモロッコの独立を勝ち取った国の英雄で、空港のほかにラバトの大学にもその名がつけられているそうだ。
 
 
ところで、カサブランカといえば、映画「カサブランカ」
kasa.jpg 
 
 
その映画に出てくるカフェをモチーフに作られたのが、リックスカフェ
現在はディナータイムしか営業しておらず、残念ながら我々は通り過ぎただけ。

ああ、安ツアーの悲しさよ
 
でも、ドアの前のおじさんもなんだかサマになっていて、映画みたい。
PA101482.jpg 
 
気付いてくれた。
ハロー&グッバイ!
PA101485.jpg 
 
 
 
このカフェのすぐそばには、ハッサン2世のモスクがある。ハッサン2世はモロッコの英雄ムハンマド5世の長男。つまり今の国王の父。大西洋に面している立派なモスクだ。

PA091451.jpg 
標準レンズだと全体が撮れない…
 
 
モザイクも綺麗。
PA101453.jpg 
 
PA101456.jpg
 
PA101458.jpg 
 
 
すぐそばは大西洋で人々が浜辺で憩っていた。
PA101478.jpg 
 
 
海辺で憩うモロッコ人たち。
PA101479.jpg 
 
 
海の逆側はこんな感じの広場になっている。
PA101452.jpg 
 
PA091448.jpg 
 
 
カサブランカを後にバトまでバスで移動し、今日はラバトに宿泊。このホテルでは日本人の団体ツアーに何組も出会った。
PA101492.jpg 

10分くらい歩いたところに、カルフールもあったので見に行ったけど、めぼしいものはなかった。

おとなしく、お休みなさ〜い。

 
 
モロッコの観光スポットはたくさんあるので、翌日は朝早くから観光開始。
 
まずはムハンマド5世霊廟。この霊廟には、フランスから独立を勝ち取った英雄、ムハンマド5世が眠っている。
PA101494.jpg 
 
 
早朝の霊廟は、趣もたっぷりだ。
PA101501.jpg 
 
 
奥に見えるのは衛兵さん?
PA101500.jpg 
 
 
霊廟の逆側にはハッサンの塔がある。
なんでも未完のものなのだそうだ。
どこまで作れば完成なのかわからないけど。
PA101495.jpg 
 
PA101502.jpg
 
 
朝のこの時間は刻々と空が変わっていく。通りの向こうからはこんな感じ。
PA101510.jpg 
 
 
ここからまたバスに乗って、ウダイヤのカスバへ行くのだが、移動中、海が見える。
モロッコ人はタコを食べないので、現地ではすごく安いんだって。タコ結構高いよね〜
PA101514.jpg 
 
 
イケアの看板。
PA101488.jpg 
 
と思ったら、イケア自体もあった。
すごいなイケア。モロッコにまで進出してるなんて。
PA101489.jpg 
 
 
 
そうこうしているうちに、ウダイヤのカスバに到着した。
カメラの設定間違えたので暗いな。
PA101519.jpg 
ウダイヤのカスバは、17世紀に建設された古い城塞地区。
カスバというのは、砦という意味。
アラブ諸国の城塞に囲まれた居住地区のことを意味するのだそうだ。
砦で囲むというのは、攻め込まれることが多かったからだろうか。
ところで、「カスバの女」という歌を現地ガイドさんがバスの中で聞かせてくれた。
てか、若い人は知らなくね?

あの歌は、藤圭子の歌だばかりと思っていた。宇多田ヒカルのママ。
しかし、実はもっと古いものらしく1955年発売らしい。

60年以上も昔の日本でアルジェリアの城塞都市の歌がヒットしたのもすごいが、それを歌えるモロッコ人ガイドさんもすごい。
 
 
 
門をくぐって城壁のなかへ入ってみよう。
PA101520.jpg 
 
 
パン屋発見。
PA101526.jpg 
 
 
PA101525.jpg 
 
 
Gさまもみっけ!
PA101522.jpg 
 
 
 
プロパンガスを運ぶおじさん。
PA101534.jpg 
 
 
 
朝のカスバは静かだった。
ここからまたバスで大移動してシャウエンに向かう。

長旅なので途中でカフェに立ち寄りミントティーでブレイク。

PA101551.jpg 
紅茶に、ワシャワシャとミントが入ったミントティーは、角砂糖を入れて飲むと美味しい。
ちなみに紅茶は多分リプトンのティーバッグ。
ミントは道端とかにわしゃわしゃ生えてるやつw

1杯、だいたい15ディルハム(200円弱)くらい。
※1ディルハムはだいたい12円前後
 
 
一眠りして起きると、シャウエンの街が見えてきた。
気圧の関係か耳が変になっているのは標高が高いせいかな?
ところで、シャウエンといえばフォトジェニックな青い町として有名だが、
 
実際は全部青いわけでもない(〃▽〃)
か、白い。

PA101556.jpg 
 
しかし有名な観光地だけあって、観光客でごった返している。
PA101563.jpg 
 
 
下手くそな写真で恐縮ですが、しばし、青い街をお楽しみあれ。
PA101566.jpg 
 
PA101568.jpg 
 
PA101574.jpg 
 
PA101575.jpg 
 
PA101586.jpg 
 
PA101616.jpg 
 
PA101615.jpg 
 
PA101659.jpg 
 
PA101666.jpg 
シャウエンの私の感想は、ずばり「写真映りのすごくいい女の子」。

逆にいえば、実物はそれほどでもないという。
 
 
電気のメーターも青く塗ってあるけど、よくみると雑(*゚ェ゚*)
青く塗るのは青が神聖な色だからとか、虫よけとか諸説あるらしい。
PA101582.jpg 
 
 
この手形は魔除けなんだそうだ。
PA101583.jpg 
 
魔除けマックス!
PA101581.jpg 
 
 
青く塗ってないところもある。てか白いし。
PA101587.jpg 
 
木も白い。
PA101644.jpg 
 
そして、シャウエンはどこもかしこもネコだらけだった。
PA101590.jpg 
 
PA101596.jpg 
 
くつろいでるけど、それ売り物なんじゃないの?
PA101657.jpg 
 
という、青いけど青くないところもたくさんあるネコの多い街だった。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です