美しき世界遺産の厳島神社でスマホ祈願。

広島駅そばのホテルに荷物を預け、気をとりなおしてやってきたのは宮島口。

ここからフェリーで、宮島に渡る。


途中には名物「あなごめし」の名店があるが、スマホショックで全く食欲はないし、めちゃ混んでいるのでパス。

 

 

フェリーは2社が就航しており、せっかくなので大鳥居に近づくという触れ込みのJRフェリーに乗る。当然、混んでいる。

 

大鳥居には近づくといってもこのくらい。
帰りは急ぐのでJRよりも多くでている松大汽船を利用した。

 

宮島へ到着。

 

平清盛と鹿がお出迎え。神の島とも呼ばれる宮島は平家にあつく信仰された。
厳島神社のあの美しい社殿は清盛より建てられたと言われている。

 

 

ああ、私も煩悩を捨て、スマホ紛失という失態も忘れ、
あなたのように無我の境地になりたい。

 

海沿いを歩いて行くと、大鳥居が見えてくる。

 

拝観料を払って、世界遺産厳島神社内へ。

 

こんな美しい神社で、
「スマホが見つかりますように」と祈願するバカすぎる私。

あ〜あ、全くもう・・・

 

そうこうしているうちに、干潮になってきた。

 

大勢の人が大鳥居のあたりまで歩いているが、私はパス。
靴がドロドロになるのは嫌だし、こんなついてない時は、すべってカメラを壊したりとろくなことになりそうにないから。

 

大願寺でもお願いは「スマホが出てきますように」

 

 

水族館にはいかず、大聖院方面に向かっててくてく。というかトボトボ・・・
見頃には今しばらくといったところだが、色づいている。

 

お寺にも、下のお二人にも「スマホが見つかりますように・・・」
本当にお願いしますよ。

 

大聖院をあとにし、もみじ谷方面へ。

 

山の鹿は草を食べていた。
君はいいねぇ。スマホと無縁の世界で生きていて。

 

花札みたい。

 

 

山を降りて五重塔へ。

 

揚げもみじ。一件目のお店は修学旅行の女子高生?で長蛇の列だったので、次のお店でイートイン。
少し甘いものでも食べて心を落ち着けよう・・・

ここは、こしあん、クリーム、チーズの三種類がある
やはり人気なのはこしあん。

 

店内には「もみじまんじゅう稲荷」が祀られていた。
当然、「スマホが見つかりますように」と祈っておく。

 

続いては牡蠣。

大振りでプリプリ。

 

休んでいると、ちょうど結婚式を挙げたカップルが通りかかった。
おめでとうございます!
どうぞ、末長くお幸せに。

そういえば、10年前、妹もこの厳島神社で結婚式を挙げたんだっけなぁ。
あのときは、新幹線で日帰りという強行軍で全く観光できなかった(苦笑)
老犬を一晩留守番させることはできなかったので・・・

今となっては懐かしい思い出。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA