GW霧島&屋久島旅行 〜その1 霧島神宮とうなぎ

GWは霧島と屋久島にいってきました!

いつものGWは、飛行機もお宿も高くて混んでいるしで家にいるけど、近場より思い切って逆遠くに行った方が混んでないかも?と。
県民割やGOTOも適用外ということもあって目論見通り。

逆に横浜や首都圏近郊はすごかったとか・・・

屋久島は密かにずっと行ってみたくて、縄文杉を間近でみてみたいと思っていた。羽田から屋久島までは直行便はなく、鹿児島まで飛んでそこからプロペラ機か高速船。
そこで、行きは鹿児島空港からそう遠くない霧島温泉に一泊し、鹿児島港から船で、帰りは屋久島から飛行機を乗り継ぎ帰るというルートにした。
連休なので霧島温泉1泊、屋久島4泊の日程。

 

今回は久々JALさん。預入荷物のレーンの故障で小一時間遅れての出発。

鹿児島到着後、レンタカーで霧島神宮に向かう。お昼を食べようと、神宮のすぐ近くの目をつけていたうなぎ屋さんに行ったけど、すでにお店の外には人が待っていた。
お店の方が親切にも席の準備ができたら連絡をくださるというので、先に霧島神宮の参拝を済ませることに。

霧島は快晴!
鳥居も大きい!

結構歩きます・・・
お腹空かせておかないと!

御神木も立派。樹齢800年以上だそう。

鮮やかな赤の社殿は国宝。

 

日光東照宮に似てる?と思ったら「西の日光」とも呼ばれているそう。(でもこちらの方が格が上じゃないのかな?)

 

霧島神宮にはニニギノミコトをはじめとしたニニギ・ファミリー7柱が祀られている。
ニニギノニコトは天照大神のお孫さんで、神話「天孫降臨」で、アマテラスに三種の神器を託され地上に降りた稲穂の神。

神聖な空気を吸っていると、うなぎ屋さんから電話が。

楽しみだなぁ
もうお店の外も香ばしい炭火の香りがしている!

お店は霧島神宮の大鳥居から歩ける距離にある一軒家。
店内の写真はないけど素敵です。

まずお漬物登場

そしてお待ちかねのうな重登場
じゃ〜〜〜ん!

肉厚で外カリで香ばしく、中ふっくら!
美味しい〜〜〜!!!

肝吸いは普通のお吸い物と、豆乳ベースの白味噌が選べる。

山椒も色鮮やか!

大変美味しゅうございました!

さて腹ごしらえのあとは、少し付近を散策。
霧島川沿いに整備されている遊歩道、霧島神水峡を歩いてみよう。

やたら天狗のお面があるのはどういう理由なんだろう?

野あざみが綺麗

これが見どころの一つの柱状節理

ニニギちゃま・・・

散策を終え、今宵の宿に向かいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です