悪魔の羽根 / ミネット・ウォルターズ

人気女流作家ミネット・ウォルターズの『悪魔の羽根』。日本では新刊だが、2005年の作品らしい。 一言でいえば、深刻なPTSDを負った女性ジャーナリストがガッシャーンと切り返す物語なのだが、一筋縄ではいかない。 挑戦的な試 […]

ユー・アー・マイン/ サマンサ・ヘイズ

本書は何が何でも「子供を生みたい」という女性の物語である。 最近、友人が卵子を冷凍保存したいと言っていた。なんでも今は200万くらいでできるのだそうだ。 しかし、そもそもその種の医療は特ににほでは、婚姻していることを前提 […]

夏の沈黙 / ルネ・ナイト

なんとあの酒鬼薔薇こと元少年Aが手記を出版したという。ワイドショーによれば、出版は元少年Aから持込まれたものらしい。聞けば有害図書で有名な出版社だ。 遺族は出版の中止と回収を求めているらしいが、それはそうだろう。 酒鬼薔 […]

「カズオ・イシグロ講演会」ハヤカワ国際フォーラムに行ってきた!Part2

「カズオ・イシグロ講演会」ハヤカワ国際フォーラムに行ってきた!Part2

ハヤカワ国際フォーラム「カズオ・イシグロ講演会」の第二部は、英米文学研究者の柴田元幸氏と翻訳家の土屋正雄氏がゲスト。 柴田さん曰く、土屋さんは、あまり人前に出ることはないそうで、もしかしてイシグロ氏よりもレアキャラかもし […]

「カズオ・イシグロ講演会」ハヤカワ国際フォーラムに行ってきた!Part1

「カズオ・イシグロ講演会」ハヤカワ国際フォーラムに行ってきた!Part1

カズオ・イシグロ講演会に行ってきた! 場所は霞ヶ関のイイノホール。時間を勘違いしていて会場に着いたのは開演10分前!当たり前だがいい席は既に埋まっている。 仕方なく最後列へ。 よく見ると会場の半分以上は招待席。 無理もな […]

さよなら、シリアルキラー / バリー・ライガ

バブりん全仏優勝おめ〜でとう!!!!!! ジョコビッチは、まさかバブリンカに油揚げをさらわれちゃうとは・・・。 もう全仏はとれない運命だったりして。   さて、本書もまた運命と闘う少年の物語。 ミステリーという […]

忘れられた巨人 / カズオ・イシグロ

週末も近づき、なんとか『忘れられた巨人』を読み終える。 どなたかが以前、「市原悦子の朗読がぴったり」だとおっしゃっていたが、読んで納得。確かに冒頭はちょっとダークな日本昔話的雰囲気もある。 イシグロのチャレンジとその才能 […]