迎賓館と都内の桜めぐり

友人と都内の桜をめぐるバスツアーに行ってきた!

 

公開中の迎賓館(赤坂離宮)の見学と、桜の名所千鳥ヶ淵、靖国神社、六義園を回るというもの。
横浜からなので自力でも全然行けるんだけど、迎賓館の見学がついていたので申し込んでみたのです。。。
 
まずは迎賓館から。
OI001403.jpg 
入場の際は皆、空港のようなセキュリティチェックを受ける。
 
中はめちゃくちゃ豪華。でも一切撮影禁止。
しかも廊下の真っ白な漆喰の壁にも、カーテンにも触れてはいけない。
触れていいのは、階段の手すりだけ!
OI001516.jpg 
 
OI001393.jpg 
つい先日もサウジアラビアの王様が宿泊されたばかりだと聞いた。
その時は、プリンスホテルが食事などのすべての宿泊業務行ったのだという。
昔は帝国ホテルやオークラのみがやっていたらしいが、今は東京にある国内資本の大手ホテルが1年ごとの持ち回りでこの仕事を請け負っているそうだ。
 
 
 
続いては千鳥ヶ淵へ。
なのだけど、、、、桜はまだまだ。

OI001421.jpg 

 
OI001417.jpg 
三分咲きといった感じかな・・・?
今年は開花宣言してから寒かったので、開花状況がイマイチらしい。
 
靖国神社の「桜の標準木」もこんな感じだった。
OI001438.jpg 
 
標準木ちゃん、ぐるぐる巻きになってるんだけど・・・
OI001440.jpg 
 
 
靖国神社は中国人だらけ。
しかも、嬉々としてピースサインで自撮りしてた・・・
OI001437.jpg 
 
 
 
ここから少し移動してお昼は、これまた渦中の築地で。。。。
しかし、ツアーについていたお寿司はイマイチ(笑)
 
ということで、お口直しのソフトクリームをば。
OI001453.jpg 
 
 
築地の波除稲荷神社
OI001454.jpg 
 
江戸時代、築地は海だったのだそうだ。
波が荒かったせいで、埋め立て工事は進まなかったという。工事期間は延びに延び、多くの人命も犠牲になったという。そんな時、海に漂っていた稲荷神体を祀ったところ、波風はおさまり、無事埋め立て工事も完了したという。
このことから、波除稲荷神社は「災難を除いて波を乗り切る」厄除けのご利益があるとされている。
 
また、神社内には、吉野家の石碑が奉納されている。そう、あの牛丼で有名な吉野家!
なんでも吉野家の1号店は、築地にあったらしい。築地市場内に石碑を建てることはできないので、築地に一番近い波除稲荷神社内に碑を奉納したのだそうだ。

OI001459.jpg 

 
 
 
築地を後にして、六義園へ。
正門には、「しだれ桜は三分咲き」との表示が。。。。
でも、しだれは、三分よりはもう少し咲いていたかな?
OI001510.jpg 
 
OI001474.jpg 
 
OI001514.jpg 
 
OI001487.jpg 
 
OI001475.jpg 
しかし、平日なのにすごい人で写真が撮れない〜〜(苦笑)
満開の頃は、それこそ芋の子を洗うようなんだろうなぁ。
 
空を見上げると、飛行機雲が!

OI001495.jpg 

飛行機雲は空中の水蒸気が多いからできるので、翌日は雨になることが多いのだそうだ。
 
 
そして下をみると、、、
ここにも小さな春が!
OI001486.jpg 
 

OI001489.jpg 

 
首都圏は明日はまた冬に逆戻りとのこと・・・
はやく暖かくなりますように!
 
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA