旅行&お出かけ

モロッコへ行ってきた!その⑦ 〜トドラ渓谷、アイト・ベン・ハッドゥ

2016-10-23

朝日鑑賞後はホテルに戻って朝食を済ませバスでトドラ渓谷へむかう。

と、その前に化石工場に寄り道した。
化石の採掘体験ツアーとかもあるみたい。
 
PA122247.jpg 
 
三葉虫の化石が高価なのは、深く掘らないとでてこないからだそうだ。
PA122252.jpg 
 
砂漠のバラ。スライスアーモンドに似てる。
PA122258.jpg 
 
アンモナイト。
PA122249.jpg 
結局何も買わずに、お店を後にした(笑)///
だって化石は重いし別に欲しくないし。
 
 
一路、トドラ渓谷を目指して走っていると山に字が書いてある?
PA122277.jpg 
 
 
「アッラー・神・国」と書いてあるそうだ。
PA122282.jpg 
 
 
途中、お茶をしたりしてようやくトドラ渓谷に到着。
晴れてて爽やかな天気だけど、乾燥しているせいか日陰はひんやり。
PA122307.jpg 
 
PA122333.jpg 
 
この空の色。本物はもっと青かった。
PA122312.jpg 
 
 
 
本来はここのレストランホテルでランチの予定だったのだが、数年前に土砂崩れが起きてしまい、そのレストランホテルは文字通り潰れてしまったのだそうだ。古いガイドブックにはまだ載っているらしいのでご注意を。その後、政府からここで営業を続けることを禁止されてしまったため、今は市街地に移転して営業しているらしい。
PA122318.jpg 
 
PA122315.jpg 
 
 
あ、向こうで何かやってる人が。
PA122323.jpg 
 
 
ズームしてみよう。といっても、望遠レンズはバスの中に置いてきてしまったので、これで精一杯。
PA122325.jpg 
 
 
 
バラ水を扱うお土産もの屋さんに寄ったあと、一路ワルザザードへ。
PA132357.jpg 
 
それにしても毎日結構な距離バスに乗って移動する。乗ってる我々も大変だが、運転手さんはもっと大変だ。日本のように労働基準法があるわけでもないので、運転手さんの交代はない。
しかも山越えの悪路も多いため、少し油断すると大事故に繋がりかねないが、悪路でもなんでもぶっ飛ばず運転手さん・・・
詰め込みツアーなので、たぶんスケジュールがおしているのだと思うけど、む、無理しなくて大丈夫ですから。少しくらい遅れたって大丈夫ですから。
 
 
 
ホテルにつくと日もとっぷり暮れていた。
PA132376.jpg 
 
 
ホテルのリヤド(中庭)こうしてみるとリゾートっぽいけど、夜は肌寒いくらいだ。
PA132368.jpg 
 
 
お部屋から見えた月
PA132363.jpg 
 
 
さて、一夜あけて翌日は朝から世界遺産のアイト・ベン・ハッドゥ観光に出かけるのだが、その前に、このあたり一帯は、ハリウッド映画の有名なロケ地になっているため映画スタジオもある。
「ベン・ハー」、「グラディエーター」、「バベル」、「ミッション・インポッシブル・ゴーストプロトコル」等々・・・のロケがここで行われたのだそうだ。
ガイドさんは、なんとブラピのアテンドもしたことがあるんだって!
 
 
そのアトラス・コーポレーション・スタジオの前でお写真タイム。
ハリボテ感満載なんですけど(汗)
PA132390.jpg 
 
PA132396.jpg 
 
 
スタジオ内の見学もできるらしいが、我々はスタジオの中には入らず、目的のアイト・ベン・ハッドウへ向かった。
PA132403.jpg 
 
PA132450.jpg 
 
PA132451.jpg 
 
なかなかワイルド。
PA132464.jpg 
 
細い道の両脇にはお土産もの屋さんがいっぱい。しかし商品はどれもかなり「年季」が入っている。誰がこれを買うのだろう?
PA132471.jpg 
 
PA132472.jpg 
 
PA132475.jpg 
 
PA132481.jpg 
 
 
半分くらいまで登ってきたところの景色
PA132493.jpg 
 
 
ここにあるお土産屋では、おじさんが炙り出し絵を描いてくれる。
小さいハガキサイズのもので150ディルハムくらいだったかな?
PA132500.jpg 
 
サフランの染料でかいてバーナーの火で炙ると、
PA132502.jpg 
 
陰影がついた絵が浮かぶ上がる。
PA132504.jpg 
 
てっぺんはすぐそこ。
PA132513.jpg 
 
 
頂上まで登るとさすがに汗ばむが、この絶景!!!
PA132518.jpg 
 
逆側
PA132519.jpg 
 
 
帰りにはここに住むムサさんのお宅を見学させてもらった。ムサさんのご一家はなんとこの世界遺産に住んでいるのだ。
 
デーツでおもてなししてくれたムサさん。
PA132556.jpg 
 
 
玄関脇には自家用車兼ペットのロバ。
PA132532.jpg 
 
 
お風呂は昔の日本の五右衛門風呂みたいな感じで、火を焚いてわかすそうだ。
PA132534.jpg 
 
キッチン
PA132535.jpg 
 
 
奥様のお仕事部屋
 
PA132537.jpg 
農業のできない土地のベルベル人はたいてい女性が働いて一家を養っていることが多い。しかしムサさんはこう見えて奥さんが2人もいるという。モテるやん。
この国では4人まで妻を娶ってもいいそうだけど、近年は女性の人権が重視されはじめて、今は最初の奥さんが「Yes」と言わなければ、二番目の妻をもらうことはできなくなったという。ガイドさんも試しに奥さんに聞いてみたところ、「I Kill You!」と言われたそうだ(笑)
 
 
リビング
PA132540.jpg 
 
猫がワラワラと
PA132548.jpg 
 
 
ムサさん、ありがとうございました。
PA132557.jpg 
明日はもうひとつのメインイベント。例のアレを買いにいきます。
つづく



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA