旅行&お出かけ

イタリアにに行ってきた!Part2 ローマ市街編

2015-11-10

続いてはローマ市街へ行ってみよう。
ローマといえば、フォロ・ロマーノとコロッセオ。

PB030366.jpg 

IMG_8002.jpg

PB030374-2.jpg

 

ここへは二度目なのでさらっと…
ご存知、コロッセオ。ご覧になってわかるように、目下修復中…

IMG_8008.jpg

総工費は33億円で、スポンサーは革製品のブランド、トッズなのだそうだ。
貴重な世界遺産なので修復は必要なのかもしれないけど、味気なくなってしまうのもまた事実。
あの朽ち果てた感がよかったのでちょっと残念なような…

    PB030369.jpg

 

 

コロッセオから移動してスペイン広場へ。あの『ローマの休日』でヘップバーンがジェラートを食べた階段も目下修復中で立ち入り禁止。

IMG_8067.jpg

気をとりなおして、街をぶらぶら。

PB030403-2.jpg

 

PB030405.jpg

PB030414.jpg

PB030413.jpg

PB030411.jpg

ナヴォーテ広場もこの混雑。

 IMG_8064.jpg

 

 

高級ブランドが立ち並ぶブランドストリート。
ドアマンもビュジュアル重視。

PB030423.jpg PB030427.jpg

 

カラビニエリ(憲兵隊)が自動小銃をもって警備してるここって、何???

PB030430.jpg

 

トレビの泉は修復を終えたばかりで、泉にはコインはまだ一枚もなかった。ポセイドンとかは綺麗になりすぎていて、写真よりかなり白く、作り物めいた感じだった。

スリが出た後で泉の付近はめちゃくちゃだったので、近づくことができず写真はなし。

PB030435.jpg

 

ローマの街は路駐の嵐。この路駐に仕方は、北へいくほど秩序がでてくるのだとか(笑)そのためかスマートなどのコンパクトカーばかりだけど、たまに高級車も。

PB030431.jpg

IMG_8037.jpg

IMG_8079.jpg

fNPk9cH74pZzPhW1447167063_1447167100.png

 

この日もたくさんのワンちゃんを見かけたけど、最もフォトジェニックだったのは、高級食材店の前でご主人を待っていたこの子。おじさんによると、シャイなんだとか。

PB030438.jpg

PB030440.jpg

 

 



Only registered users can comment.

  1. SECRET: 0
    PASS: 5f461b5ec95b6601ba30ea573a0abf03
    どこもかしこも修復修復、みがきもかけられ、
    ありがたみ薄くなってきましたなぁ。
    落書きを消すくらいで止めとけばいいのに・・。
    憂い顔の犬クンの顔を見ていると旧いイタリア映画『ウンベルトD』を思い出しました。
    そしてイタリア映画の旧作を観て、そんなところからのイタリア観を持つ自分にとっては、
    貧しいながら大家族の庶民生活をおくる映画のイメージがいまだあるのでした。
    だから車・ファッションからくる高級イメージは正直あんまりピンとこない(イタリアと結びつかない)感じ。
    Spenthさんが横浜で乗りまわしているというイタ車『アルファロメオ(ジュリエッタ)』、
    生産国で姉弟と遭遇されましたか。
    しかしローマ・・11月(10月下旬?)なのに半袖のヒト(観光客?)あるいてはります。
    少し南に下るとまだ泳げるのかナ?
    話はかわりますが食いしん坊のSpenthさん(失礼)、
    イタリアの食事(料理)はEU諸国の中ではダントツなはず(?)。
    美味しい食事に舌鼓・・といった愉しみはありませんでしたか?
    Part3も期待しております!
    ではまた。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    naoさん、こんばんは〜
    > どこもかしこも修復修復、みがきもかけられ、
    > ありがたみ薄くなってきましたなぁ。
    そうなんです。修復は不可欠なのでしょうが、なんだか歴史までもが削がれてしまった感じで・・・
    ただ、イタリアは英国に莫大な借金があるそうなのですが、修復している間は返済を免除されるとかで、せっせと修復に励んでいるのだとか。(美人ガイド情報)
    ただし、政府にはその修復費用がないので、内外を問わずいろんな企業にたかっているらしいです(笑)
    > 貧しいながら大家族の庶民生活をおくる映画のイメージがいまだあるのでした。
    > だから車・ファッションからくる高級イメージは正直あんまりピンとこない(イタリアと結びつかない)感じ。
    私はツーリストなので、いい部分しか見てないのでしょうけど、破綻しかかってる国の割には裕福な感じがしましたね(笑)
    私はイタリアといえば、naoさんとは逆で、美食とファッションしか思い浮かばないかな?
    特に男性がお洒落でした。
    表面しか見てませんが、割と軽薄なイメージで、実際もその通りでしたよ(笑)
    あと、私の専用の車は我が家にはなくて、夫と兼用なのですが、イタ車じゃないですよ。
    なんか、naoさんの私評って、かなり実物とずれてる???(笑)
    いたって庶民なオバさんなので、申し訳ないです…
    あの写真は、あ、イタ車!っていうので撮っただけで、それほど、ローマはスマートに席巻されてたのですよ。
    ところで、イタ車、すぐ壊れそうじゃない?(笑)
    我が家は「質実剛健」がモットーでございます。
    > しかしローマ・・11月(10月下旬?)なのに半袖のヒト(観光客?)あるいてはります。
    ローマも昼間は暖かいですが、朝晩は半袖は辛いかもしれませんね。
    ただ、ガイジンの体感温度はちょっと変なので(笑)
    食事の楽しみ編は、あとのお楽しみに・・・
    「イタリアに行ってきた!」シリーズ、ちょっと長くなりそうです(笑)
    では、では〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA