ドイツに行ってきた!Part4 食事とトイレ事情編

今回はグルメとトイレ事情なんかの話をしようかな。

ドイツのグルメといえば、ジャガイモとビール、それからソーセージを思い浮かべるけど、本当にそれ。それしかない。

ランチとディナーの素材は、見事なまでにイモと豚ばっかりだったりした。とりわけおイモは、手を変え品を変え登場する・・・

昔は、365日違うジャガイモ料理ができなければ、お嫁にはいけないといわれていたのだとか。今はその消費量は減ったとはいうが、ドイツ人の主食って本当におイモ。

基本、何を頼んでもwithイモ。

dish1.gif

IMG_1952.gif

全体的に塩味は結構きつめ。
塩と脂たっぷりの食事は、厳しい冬に備えたものなんだそうだ。現代では暮らしも変わり、移動は車だし、暖房もガンガンにきいてるのだけど、食生活はそうそう変われない。

そのせいか、やっぱり中年以降の人は横幅がね・・・

 

ホワイトアスパラ(シュパーゲル)も食べてはみたけど、これは缶詰だったのか冷凍だったのか。いずれにしても美味しくはなかった。

だって旬は6月24日までだもの・・・

そのジャガイモをドイツ人に広めたフードリッヒ2世IMG_2462.gif

ところで、大事なものを忘れてないと思ってる?
忘れてないよ。これでしょ?

cWvXiZxWquUVdcB1447482504_1447482517.png 

 

ミュンヘンの老舗ビアホールにもいった。 IMG_0344_1024.jpg 

ビアホールの中はドイツ人(観光客)でいっぱい!
サッカーの試合があったらしく、御贔屓のチームでも勝ったのか大いに盛り上がっていた。

sBRlkDRrbG22hCh1447481918_1447481997.png 

 

座るとセットでこういうパンとソーセージがでてくる。

IMG_0351_1024.jpg

 

私はビールはそれほどなのだが、ホワイトビールといわれるピルスナーは日本人の口にもばっちりあうと思う。
横浜でも毎秋、みなとみらいで「オクトーバーフェスト」が開催されている。

お値段はというと、観光地価格のレストランで、中ジョッキサイズでだいたい3.5〜4ユーロくらい。
ちなみにスーパーでは350mlの小瓶6本入りで、5ユーロ弱くらいで売っている。水より安いとまではいかなくとも、日本よりやっぱり安い。

ドイツワインもそれなりに美味しかったけど、それより美味しかったのは、ドレスデンで飲んだ”ワインの赤ちゃん“ことfederweisser

IMG_0318_1024.jpg 

秋のこの時期だけの名物のワインになる前の状態のぶどうの絞り汁だという。
すっぱいかと思いきや、フルーティで少しだけ発砲していてすごく美味しい。
飲み終えるとグラスの底には澱が沈殿していた。
アルコール分はほとんど感じなかったので、お酒が駄目な人でも楽しめると思う。
秋にいらしたら是非。

 

ドイツは道路事情が非常いい。
アウトバーンが国内を網羅しているうえに、無料でスピード制限もない。そりゃ、ポルシェもメルセデスも走りがいがあるというものよ。
ただ、移動時間が長いと困るのはトイレ。
高速道路には日本のサービスエリア的なものもあり、そこのトイレを拝借することになる。

ところで、ドイツのトイレは基本有料
街や観光地のトイレは50ユーロが相場。
おトイレおばさんがいるか、入り口でコインをいれると自動で扉が開くというシステムなので、小銭は多めに持っていたほうが安心かも。

2013toirett.jpg

サービスエリアのトイレは独特で、70ユーロ支払って、50ユーロ分のクーポンが出てくるという仕組みのものが多かった
。(50ユーロ払って50ユーロ分のクーポンが貰えるとこもある)
つまり、このクーポンで売店で買い物しなさいというわけ。

有料トイレだけあって自動で便座がお掃除されて清潔だが、床にも消毒液がドバっとでてくるところもあるので要注意。
トイレットペーパーはあるけど、日本のようにウォシュレットはない。

また、日本のサービスエリアほど個室がたくさんないので、観光バスが一台とまると女性用トイレにはたちまち順番待ちの列ができる。
初動が大切です(笑)

日本のトイレって素晴らしいですよね・・・

本屋さんも覗いてみたが、セバスチャン・フィツェックや『特捜部Q』シリーズが平積みになっていた。

bookshop.jpg

ドイツに行ってきた!Part4 食事とトイレ事情編」への2件のフィードバック

  • 2013-09-19 8:38 PM
    パーマリンク

    SECRET: 0
    PASS: 5f461b5ec95b6601ba30ea573a0abf03
    おお!‥やっと帰国されましたか。
    今回の記事(旅行記)‥さながら「世界ふれあい街歩き」ドイツ篇?
    愉しい記事でした、ありがとうございます。
    それにしてもドイツの料理(食卓)の景色は変わりませんなぁ。
    あいつらは料理を皿に盛りつける、ということ(仕方)を知らない。
    ビールはジュース代わりにガブガブ飲むし、
    うなぎは燻製にして臭くしてしまうし、
    もう呑み過ぎで、食べすぎだよ!
    あと車の運転は荒い(乱暴)だし
    ‥などと誰かが悪口言ってるのを聞いたことがあります。
    ドイツでも北欧ミステリは存在感を示している様子。
    日本版より内容むつかしそうなイメージ(意味不明)
    フィツェックかぁ‥いたなぁ‥そんな作家(失礼)。
    Spenth@さんが留守の間、自分の読書意欲の灯も消えておりました。
    (でも『ブラッド・メリディアン』マッカーシーは大収穫!)。
    またおもしろい本の紹介愉しみにしております。
    では!
    PS 文春の現地取材で林真理子が訪独していたとか。
    何の取材か知りませんが、できれば文春さん、
    川上弘美・川上未映子・朝吹真理子あたりを選んで欲しかった。

    返信
  • 2013-09-19 9:59 PM
    パーマリンク

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ぎりぎり台風を避けて帰ってきました。
    コメントありがとうございます。
    > もう呑み過ぎで、食べすぎだよ!
    ぶぶぶ、これ笑っちゃいました!
    確かに飲み過ぎで食い過ぎだ。
    でも、彼ら、縦にも横にも身体がでかいからなぁ…。
    ホテルの洗面台も便器も日本人にはちょっと位置が高いんですよね。
    盛りつけのセンスがないのは…
    確かにセンスのかけらもないんですが、私の写真のとり方にも問題があるかも(笑)
    そもそも食べかけですしね…。
    この食べかけてやめてるソーセージは、ミュンヘンの老舗ビアホール、ホーフブロイハウスのものなんですが、これがしょっぱすぎ。私は日常的に運動してるので、割と塩分とってるほうなんですけど、全部は食べられませんでした。血圧あがりそう。
    食事は間違いなく日本が一番ですね。
    > あと車の運転は荒い(乱暴)だし
    > ‥などと誰かが悪口言ってるのを聞いたことがあります。
    実はドイツ人の運転が一番怖いらしいですね。
    人がいても青ならスピードを緩めたりしないそうで。
    > Spenth@さんが留守の間、自分の読書意欲の灯も消えておりました。
    > (でも『ブラッド・メリディアン』マッカーシーは大収穫!)
    マッカーシーいいですよね。
    私も、『チャイルド・オブ・ゴッド』を読まなくちゃ!
    > 川上弘美・川上未映子・朝吹真理子あたりを選んで欲しかった。
    そのセレクションの基準は、ルックスですね(笑)
    ま、でも林真理子は趣味でお歌とかやってるから、バイロイト訪問はそれほどミスマッチでもないかな。
    そのバイロイト音楽祭は、かの小泉純一郎が総理の時代、最大限のコネを利用してチケットをゲットしたとか。
    パンピーは、8年くらいかかってようやく行けるというのに、セレブはいいですねぇ。
    しかし、音楽祭の季節を除けば、なんにもない田舎の街。一体何しに行ったんでしょうねぇ?新作の取材かな?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA