GoToで冬の青森!④界 津軽 朝風呂&朝ごはん

11月以降、首都圏は感染者が激増中。
悩んだけど、飛行機も新幹線も空いているし、この季節の青森は大人気の観光地というわけでもない。マスクとまめな手指消毒、密を避けてGoToしてまいりました。
(※GoTo自粛要請以前の旅行です)

温泉に行くと必ず、到着後、夕食後と朝の3回お風呂に入るけど、夕食後は疲れて寝てしまった・・・
弘前城公園で結構歩いたからなぁ。

お風呂は朝は5時から。
早起きして行ってみるとラッキーなことに誰もいない!
チェックアウトが12時までと遅いから、みんな朝はゆっくりなのかな?

露天風呂はなく、お風呂はここだけ。それが唯一の欠点といえば欠点だけど、この古代檜にりんごが浮かんだお風呂は癒される〜

 

温まった後は、りんご水で水分補給。

 

女湯(男湯)をでたところには、ゴボウ茶とリンゴ酢。
右の方にはアイスキャンディも。

 

部屋に戻って外を見ると、昨夜降った雪が積もっている。

朝食もまた半個室で。

 

ご当地ジュースはリンゴとスチューベン(ぶどう)のジュース。
青森はスチューベンの生産量の8割を占める特産地なのだそうだ。

 

朝食もご当地感満載。お味噌は大鰐温泉の温泉熱で発酵熟成させた津軽味噌を使用。 ご飯は「つがるロマン」

 

「貝焼き味噌」は青森県の郷土料理。
最後に自分で卵でとじて仕上げるスタイル。

 

 

早めにチェックアウトを済ませ、出発の時間まで、しばし周辺をお散歩。

すぐ近くにはスキー場があるらしい。
去年はどこも雪不足だったらしいけど、今年は大雪らしい。
コロナが終わったら松之山温泉のお宿もまた行きたいなぁ。

今、群馬や新潟はすごいことになっているみたい。
コロナに加えて、この時期からの大雪は大変だよね・・・

 

犬が喜びそうな広場。

 

気温が低いせいか、雪がキシキシでサラサラ。
パウダースノーというやつ。

そろそろお願いしていた送迎バスの時間。

当初は酸ヶ湯温泉近くのクラシックホテルにもう一泊する予定でキャンセル待ちもしてたのだけど、一泊で帰ります。
まあ、また改めて来ればよいいし。

短い滞在だったけど、界 津軽はスタッフも皆素晴らしく、食事も美味しく、とても快適だった。
別の土地の界にも行ってみたいなー!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です