フィクション

一度は乗ってみたい豪華客船の秘密とは・・・?ドイツミステリ界の鬼才フィツェックの「乗客ナンバー23の消失」

船旅が流行っている。 昔は一部の限られた人のためのものだったが、最近はカジュアルなものも増え、家族で楽しめるものも多くある。 とはいえ、人生一度はラグジャリークラスといわれる豪華客船の旅をしてみたい。 上の写真は横浜港に […]

Continue Reading...

フィクション

失踪者 / シャルロッテ・リンク

気がつけば3月・・・早いす。  さて、しばらくぶりのミステリー。なんでもドイツNo.1作家による最高傑作”だそうなので読んでみた。本書の著者シャルロッテ・リンクは、ドイツ国内では、日本でいう宮部みゆきや東野圭吾に匹敵する […]

Continue Reading...

フィクション

ゼロ / マルク・エルスべルグ

ヤフーやグーグルなどの検索エンジンは、もはやなくてはならない存在だ。 が、逆に個人情報を吸い上げられているとも言える。優れたデータ収集プログラムを備えている彼らは、私のこれまでの検索歴や購買歴から、どういうものを欲してい […]

Continue Reading...

フィクション

深い疵 / ネレ・ノイハウス

いわゆる「ナチ」ものドイツミステリー。 ドイツものといえば、シーラッハや『アイ・コレクター 』のセバスチャン・フィツェック等、尖っている印象が強いが、こちらは割とオーソドックスな警察小説。 「ナチもの」でタイトルは「深い […]

Continue Reading...