読書会

「深夜プラス1」ハードボイルドミニ読書会

2016-08-28

なんと3回目をむかえた「ハードボイルドミニ読書会」!(という名の飲み会)

今回はギャビン・ライアンの名作「深夜プラス1」が課題本だ。
とはいえ、毎回ほぼ飲み会になるので、あんまり関係なかったりもするが(笑)
 

 

 
 
場所は、またまたお言葉に甘えさせていただきカメさん邸で。お昼もご馳走になってしまった。奥様、いつもありがとうございます!
P8271652.jpg 
 
 
まずは、甘口スパークリングでカンパイ。
P8271649.jpg 
 
 
去年ベローナかどっかで買ったやつを手土産で持っていったのだが、ほとんどジュースでした・・・
P8271648.jpg 
 
 
通なTさんは日本酒。ザ・日本酒といったお味。
P8271646.jpg 
 
 
デザートはMさんの葉山土産マーロウのチーズケーキ
P8271655.jpg 
 
P8271654.jpg 
なぜマーロウかというと、一応ハードボイルド読書会だからなのです。
今回はチャンドラーではないけど。
 
 
 
さて本題。私はキクチストなので、前から持っていた菊池光さん訳ものをそのまま再読したのだけど、新訳版が結構良いのだとか。特に女性のセリフとかがなめらかでいいらしい。
 
ギャビン・ライアルの男のこだわりが詰まっている「深夜プラス1」だが、カントンが特にこだわっているのがモーゼル銃だ。
 
なんとカメさんがそのモデルガンを持ってた。
P8271653.jpg 
もちろん、弾はでません。
 
箒の柄とも言われれるので、もっと長いかと思っていた。カントンは銃の腕がイマイチなので、銃身が長いこの銃のほうが命中しやすいらしい。
 
ところで、Mさんは、この小説の冒頭の3行が好きなのだそうだ。
 
パリは4月である。雨もひと月まえほど冷たくはない。といって、たかがファッション・ショーを見るために濡れていくのは寒すぎる。雨がやむまでタクシーはつかまらないし、やめば用はない。数百ヤードの距離だ。いずれにしてもぐあいがわるい。
 
確かに印象的でぐっと「深夜プラス1」の世界に引き込む出だしである。再読すればするほど良さがわかるといわれるだけあるのだ。
 
私は逆にラスト3行が好きかな。しかし、よくみると冒頭とラストが対になっていたりする。
 
静かに雪が降っていた。山を途中まで下りて、約束の金の残額、四千フランを受け取っていないことに気がついた。そのまま進んだ。時計を見た。真夜中を1分すぎていた。前面の山道は果てしない暗いトンネルのようであった。
 
 
なんて、内容の話をしたのはほんの少しだけであとはただの雑談だ(笑)
映画「シン・ゴジラ」の話とか、ウィンズロウの「ザ・カルテル」が良かったとか、エルロイは長すぎでイマイチだったとか(笑)
 
お昼に伺ったのに、気がつけば夕方になっていた。居心地がよすぎてつい長居してしまった。 ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA