読書会

『笑う警官』読書会

2015-08-16

いつものスピンオフではなく、翻訳ミステリーサイトに告知した久しぶりの公募の読書会。
メンバーは見た顔が多いけれど(笑)

人数が多いので、3つのグループに分け読書会スタート!
私の班は年齢も幅広く様々なメンツの8名だった。

全体の平均点は10点満点中、7.7点。

9点に近い8点という人も多かったし、10点満点を付けた人も複数いた。
ちなみに、最も低かった点数は4点。

グループ内の感想としては、
*初版刊行が1968年で、当時大学生だった頃を懐かしく思って読んだ。
*関連のない事件から本筋へという展開は、68年当時としてはかなり斬新。
*謎が謎を呼び、予想を裏切る展開がいい。
*古さを感じない
*普遍的面白さがある
*登場人物の個性が豊か。
*マルティン・ベックが、ヒーローとして描かれていないのが良い。
*地道な捜査過程はリアリティがある。

*展開がもたつく。
*『ロセアンナ』もそうだが色情狂の女性が多すぎる。
*ステンストルムの恋人は良く理解できなかった。

横山秀夫の警察小説との類似を指摘した人もいたが、『87分署シリーズ』とマルティン・ベックシリーズは警察小説の元祖。
イアン・フレミングの007のような「華やかで華麗な」主人公が多かったエンタメ界に、「地味な中年のロートル」の主人公をもたらしたという功績もある。
以来、警察小説の主人公といえば、「中年オヤジ」「冴えない」「家庭は崩壊」の三つは必須条件のようになった。(注:ベックは離婚はしていないものの妻との関係はよろしくない)
ご存知、ヴァランダーはその最たるものだし、インドリダソンの湿地のエーレンデュル捜査官シリーズも然り。『特捜部Q 』のカールもこれに当てはまる。

ベック自身は決してヒーローではなく、手柄はチーム全員によるものだ。
彼自身の見せ場は、最後の最後、犯人が自殺しようとするのを見越して、拳銃から弾丸を抜き取ったということくらい(笑)

つまらなかったという意見はなかったが、新訳版に馴染めなかった人は少なからずいた。
「今回の読書会は新訳版で」という但し書きつきだったので、私も新訳版を購入して読んだが、旧訳のほうが読みやすかった。
というのも、昔の美しい言葉で書かれている高見訳のほうが、より60年代後半という時代を感じられる。

言葉遣いひとつにしても今の我々の話し言葉よりも丁寧だ。例えば「きこしめす」という表現などは、口語ではもうあまり使われていないのではないだろうか。反面、「めくら」や「お○◯こ」など今よりももっと過激な言葉も使われているが。

旧訳版は一旦英訳されたものを訳しており、一方、新訳はスウェーデン版から直接訳しているという。後者のほうが原書に近いのだろうが、そこはチャンドラーの翻訳と同じ。刷り込み効果だ。

清水訳の『長いお別れ』 は、原書をかなり省略しているそうだが、自分の中ではあれがチャンドラー節になっているがため、村上春樹の『ロング・グッドバイ』 は”違う”。マルティン・ベックシリーズも同様。
ただ、初読の人には、新訳版は好評で読みやすかったよう。

ちなみに、謎解きの重要な役割を果たしているルノーCV4は、日本では日野自動車が日野ルノーとして扱っており、タクシーとして多く走っていたのだとか。

そういえば、昔、中野でレトロな初代ブルーバードのタクシーに乗ったことがある。あれから30年以上経っているし、さすがにもう走ってないだろうなぁ。

 

 

二次会は、横浜駅近くのハワイアンなお店で。

次回9月のスピンオフ読書会の課題本は、今話題の『紙の動物園 』だそうです。

 

 

Only registered users can comment.

  1. SECRET: 0
    PASS: 5f461b5ec95b6601ba30ea573a0abf03
    愉しい読書会のレポート読ませていただきました・・文化的ゆたかな街、横浜。
    さて・・『笑う警官』の高評価の印象にやや意外感の印象も。
    割合いつも甘めのSpenthさんの点数より、今回平均点の方が上まわっている!
    自分は9(8.5)点でありますが。
    本作の映画化作品について何か意見・発言はありませんでしたか?
    ウォルター・マッソー主演『笑う警官/マシンガン・パニック』(1973米)という、
    なかなかよく出来た(ある種別物)の映画で佳品(好みの作)でした。
    (この’70年代半ばまでのW・マッソー主演作は『突破口!』『サブウェイ・パニック』といい、良作が多いです)。
    そういえばスウェーデンでも『刑事マルティン・ベック』という映画もありましたなぁ・・エライ地味な作品。
    翻訳に対する作品との出合い(印象)について、
    「最初に読んだものが自分にとっては"本物”なのだ」というは本当だなぁ・・と思います。
    ただ村上訳のチャンドラー作品に限っては特別(例外)で、
    最初からどういう風に味付け(?)しているのかという興味が大きく、
    親しんだ清水訳との比較の方にはそれほど注意が向かなかったような。
    図書館にポケミス『エンジェルメーカー』ありました。
    手に取って分厚さにためいきし、そのまま棚に戻しました・・無理。
    今日デュレンマット『約束』(イヤミス)を読んだのですが、秀作でした。
    ではまた!

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    naoさん、こんばんは!
    実は私の7点は、6点に近い7点です(笑)
    初めて読んだときも、今回も、皆さんほどは「面白かった〜、一気読み〜!」という感じではなかったかな。
    決して悪くないと思いますが、これは好みの問題でしょうか。
    この作品の、警察小説の礎としての価値は理解はしていますが、内容を既に知っているということもあって、実は読むのも結構面倒臭かったんです。私、暑さでちょっと疲れているのかしら?
    夏ですし、もう少し華やかなものを読みたい気分だったというのもあるかもしれません。
    >本作の映画化作品について何か意見・発言はありませんでしたか?
    映画化についての話は、私のグループでは皆無でした。
    そういえば、映画もありましたよね〜。でも相当古い???
    『笑う警官/マシンガン・パニック』(1973米)は、私は観てないのですが、シナリオ的には淡々としていますから、出来は役者次第という感じでしょうか。naoさんが秀作というからには、いい役者さんだったのでしょうね。
    >ただ村上訳のチャンドラー作品に限っては特別(例外)で、
    >最初からどういう風に味付け(?)しているのかという興味が大きく、
    >親しんだ清水訳との比較の方にはそれほど注意が向かなかったような。
    え〜それ意外ですね。私は春樹さんは好きなのですが『ロング・グッドバイ』は駄目でしたわ〜。
    春樹さんのは、日常のこまごまとしたことなども、当然のことながら省くことなく描かれているのですが、そのせいもあってマーロウが春樹作品の「僕」とダブっちゃったりもして(笑)
    読書会でも話したのですが、例えば『犬神家の一族』の金田一役が、SMAPの香取慎吾ちゃんとかだと、違和感満載じゃないですか?私のような40代以上の人間は特に「それはやっぱり古谷一行とか石坂浩二じゃないと!」というのに似ている気がしますね。
    >図書館にポケミス『エンジェルメーカー』ありました。
    レンガ並だったでしょ?
    ボリュームもさることながら、ハーカウェイなので、内容もぶっ飛びまくっていますし、敢えてオススメはしません(笑)
    では、では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA