フィクション

火星の人 / アンディ・ウィアー

2015-02-21

私はこの小説大好き!

主人公はマーク・ワトニー、植物学者にしてエンジニアの役割を担う宇宙飛行士
彼はNASAの火星探索アレス3のクルーの一人で、今たった火星にいる。
大規模な砂嵐にみまわれたうえに不幸が重なり、火星に取り残されてしまったのだ。

他のクルーは皆無事にヘルメスで帰還の途にあり、彼らは皆マークが死んだと思っていた。だが、マークは生きていた。

通信機器が壊れてしまったため、NASAとの通信は不可能。幸いだったのはクルーが火星滞在中過ごすためのハブは無事で、その間の6名分の食料と医療品などのサプライが確保されていることだ。

救いはある。NASAにはアレス4の計画があり、5年後には彼らが火星に来るはずだからだ。
さしあたっての問題はまず食料だ。だが幸いなことに、マークは痩せても枯れても植物学者だ。
少量だが地球の土を持参しており、冷蔵のシャガイモは少量だがある。あとは頭脳と同じくらいマーク自身の尻の世話になればいい。
かくして、マークのサバイバル生活は始まるが・・・

 

本書の最大の魅力はマーク・ワトニーという主人公にある。
彼が理系オタク的コメディアンであるがため、この小説は魅力的なのだ。

宇宙飛行士なのだから知的能力はもちろん、問題解決力も素晴らしい。だが、彼の最も有能な資質は、オプティミストでユーモアがあるということだ。
ただのシリアスはサバイバル小説なら、これほど人に愛されたりはしなかっただろう。

事実、本書はまず著者のウェブサイトで公表されたが、それが面白かったため、サイト読者に「ねえ、ねえ、Kindleで出版したら?」と言われて自費出版したところ、あれよあれよという間にベストセラーになったのだとか。そこからちゃんとした版元から紙の本で出版されたという経緯があるという。

物語は、彼が日々のログを綴るという形で進んでいくのだが、その表現も読んでいてまた楽しい。
これから読まれる方の楽しみを削がないためにも、引用したりはしないが、実際、読んでいて噴きだしたりもした。

火星の生活は難題だらけで、日々壁にぶつかり「失敗すれば、ぼくは死ぬ」のだが、その次の瞬間にはルイス船長の私物の70年代コメディにのめり込んだりしている。全く、オタク力は、自らを助く。

ところで、本書はリドリー・スコット監督、マット・デイモン主演で映画化されるそうなのだが、このキャスティングに一抹の不安を抱いてしまうのは私だけなんだろうか?

 

 

Only registered users can comment.

  1. SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Spenth@様
    こんにちは、今日は大分暖かいですね。
    彼が生き伸びた理由が本日の記事(でいいのかな)でわかりました。
    ステーションにいれば、基本資源がいろいろ残っているから、生きていられますよね。
    わたしは『ゼロ・グラビティ』の一場面(TVCMの一こま、これも観ていないですが)のように、火星上にビューンと放り出されて、行方不明になったと思ってしまいました。宇宙服とそれ用の酸素ボンベだけじゃ無理じゃないのと早とちりしていました。やはり、感想はきっちり本文よんでからですね。(反省)
    お勧め(星4.5ぐらい)なので、アマゾンかブックオフで安くなったら買ってみます(あと、半年後くらいかな 汗)
    よろしくお願いします。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Jiroさん、こんにちは!
    本当に今日は汗ばむほどですね。
    と思いきや、油断させておいて寒くなるにちがいない…
    『火星の人』は私は『ゼロ・グラビティ』よりもずっとずっと面白いと思うんですよ!
    私はキンドルで読んでしまったのですが、文庫だったら差し上げられましたのに…。
    なので、ブックオフで安売りしていたら是非是非!
    でも、映画化は微妙な感じがしますけどもね…(笑)

  3. SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Spenth@様
    コメント欄、機能しているようですね。
    前回は多分ですが、怪しげな数字読みの入力し、送信した時
    変な画面挙動があったような気がします。
    アメーバブログはがっちりしているようですね。(個人間のメール交換は許さない感じです、芸能人が多いから?有料だから?)
    ところで、ルカレのティンカー、ソルジャー・・・の新訳本を1/3ほど読んで、なんか分からないところが多いなと思ったのですが、そうなんですね。あわてて、菊池光訳の中古本をアマゾンしたところ、何と1680円でした。しょうがないので、買っちゃいましたが(半べそ)
    最初に手に入れたのが、初版近辺の村上訳でしたが、本当に日焼けした古本で活字も小さいので新訳を買ったのですが・・・
    大御所になると、編集者も指摘できなくなるでしょうか?フリーマントルもマフィンシリーズで良く分からない文章に出くわしましたが、原文も訳しづらいでしょうかね~。
    また、このような情報を教えて頂くと有難いです。
    よろしくお願いします。

  4. SECRET: 0
    PASS: 5f461b5ec95b6601ba30ea573a0abf03
    今話題の一冊ですな・・来月図書の順番回ってきそう。
    原作を読んでいないワケで、いつも以上にテキトーな意見ですが、
    リドリー・スコットは結構器用さもあるヒトという自分の印象。
    一般的にはスぺクタクルを撮るのが巧く、小回りの利かないイメージですが(失礼)。
    というのも『マッチスティック・メン』というコンゲームのような映画を巧く撮ったヒトでもあるので。
    もっともほとんど話題にされないですが(・・それを思うとダメなのか)、でも自分は好きな作品、
    そう期待を外さない佳品に仕上げるかも。
    あるいは期待しない(期待値をあげない)で観ると、
    意外と原作のよさは損なわれておらず、おもしろかったとか(重ねて失礼)
    ん!?・・『ゼロ・グラビティ』よりおもしろい?
    『ゼロ・グラビティ』っておもしろかったですか?
    (以下、原作未読なのでspenthさんの記事からの連想)
    マット・デイモンではイメージ掴めませんなぁ・・そんな雰囲気ない。
    でも代わりにジム・キャリーだと暑苦しいし、
    ベン・スティラーやスティーヴ・カレルあたりが無難?
    あるいは線は細いけどジョゼフ=ゴードン・レヴィットとか?
    火星はなんかふわふわ飛んであるけそうだけど(イメージ)、
    暑いように見えて寒そうだからヤダなぁ
    (温度差を利用すれば、空気とか水とかなんとでもなりそうに思うけど、
    そううまくはいかないのかな。主人公は植物学者なら地質調査すれば食料だって・・時間との戦い・・甘い考えか)
    ではまた。
    (日経の重力は軽く、火星並みなのに、自分の保有株は木星並み・・ふう)。

  5. SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Spenth@様
    先ほどのルカレの初期のころの訳はやはり菊池光氏なんですね。私が勘違いしていました。が、その訳もあまり評判が良くないので、新訳を要求されている読者がいますね。その新訳がもっとひどいとは!!!
    どうしたら、良いんでしょうか?
    取敢えず、菊池訳で一度読みたいと思います。
    (私お恥ずかしいのですが、ルカレをてっきりフランス人作家だと思いこんでいました。若いころ手に取ったのですが、文章が硬質で読みづらかったので、フリーマントル、デミルに行ってました。)
    よろしくお願いします。

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    naoさん、こんにちは。
    リドリー・スコットは器用ですか。う〜んそうかも。
    『マッチスティック・メン』はニコラス・ケイジのやつでしたっけ?
    マークはニコラス・ケイジならそんなに印象は違わないんだけどなぁ!
    もっと若ければの話ですが。
    でも、マット・デイモンはやっぱり違うだろっ!と突っ込みたくなります。
    一応、マークは痩せても枯れても宇宙飛行士なので頭脳がウリですしね。
    > 『ゼロ・グラビティ』っておもしろかったですか?
    実はこれ、私は全然(笑)しかもwowで観たし。
    ただ、撮影はうまいと思いました。
    > でも代わりにジム・キャリーだと暑苦しいし、
    > ベン・スティラーやスティーヴ・カレルあたりが無難?
    > あるいは線は細いけどジョゼフ=ゴードン・レヴィットとか?
    スティーヴ・カレルいいですねぇ。私もコメディ俳優のほうが絶対いいと思うんですよ!
    理系オタク系のビッグバン・セオリーのシェルドン役の俳優さんなんかでも面白いかもと思います。
    でも、ハリウッド大作なので主役はマット・デイモン級の俳優さんじゃなきゃ駄目なんでしょうねぇ…。
    > (日経の重力は軽く、火星並みなのに、自分の保有株は木星並み・・ふう)。
    なんとなんとわたしにしてはめずらしく最近絶好調なのです。
    み○ほ、セブン銀○、双○と、もうこんな糞蕪、捨ててやると思ってたところが軒並みウッホ〜〜〜〜!祭り。
    欲をかいてまた懲りずに手をだしてしまい後悔していたバイオも、今日待望のIRが!
    ま、どれも現物で枚数少ないしたいした利益ではないですけども。
    そして、いつものごとく「まだまだ上がるに違いない!」といらぬ皮算用で利確をしないので、
    そのうち「ああ、あの時売っとけば良かった!」と、またまた長〜〜い塩漬け期に突入しなくもないような…

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Jiroさま
    私は菊池訳味わいがあって大好きです。
    『羊たちの沈黙』も菊池訳のほうが好きですし、トレヴェニアンの『シブミ』も、ディック・フランシスも光さんじゃなきゃ絶対に駄目だと思います。
    ただ、若い人たちには超不評ですよねぇ…。
    本当にこの「ティンカー・テイラー〜」の村上新訳版は、糞訳で、日本語になってないんですよ。
    早川だから仕方ないのでしょうが、それでもこのクオリティレベルならば出版すべきじゃなかったと思うな。
    ランダムハウスの「アインシュタイン本」ではありませんが、真面目にテロかと思いましたもん(笑)
    この新訳の酷さと、私みたいな「やっぱり菊池光!」派の人もいるせいで、中古の値段もお高いのかもしれませんね。
    『スクールボーイ閣下』と『スマイリーと仲間たち』には、それほど不満を抱いた覚えはありませんが、私個人としては菊池訳の持つ独特なあの世界観で堪能したかったです。
    それから老婆心ながら・・・
    ル・カレは、「ティンカー〜」からより「寒い国から帰ってきたスパイ」から読むほうがオススメかもしれません。
    では、では。

  8. SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Spenth@様
    毎回応答有難うございます。
    一応、「寒い国から帰ってきたスパイ」は「ティンカー〜」より前に読みました。
    先のコメントでも書きましたが、ル・カレをパスしてきた自分を反省したいと思います。もともとジメジメしたタッチのスパイものは好きでしたので、これからは読み込んでいきたいと思います。
    (この項の返信は要りませんよ~)

  9. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マットデイモンって、マッチョなアクション俳優
    もしくは、インテリ気取りの善人キャラ とお思いですか?
    地の彼はとてもユーモアがあって、頭もよくてまさに
    マークワトニーのような性格ですよ。以前も
    自分のおしりをfaxで送ってニュースになっていました!
    なので、ワトニー見てみておっぱいも、私は違和感ありません。
    監督さえシリアス一辺倒に作らなければ、、、。

  10. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > マットデイモンって、マッチョなアクション俳優
    > もしくは、インテリ気取りの善人キャラ とお思いですか?
    ファンの方でしたか。
    それは失礼しました。
    ただ、記事にも書きましたとおり私にはプライベート・ライアンやジェイソン・ボーンのイメージしかないので…。
    > 自分のおしりをfaxで送ってニュースになっていました!
    大変申し訳ないのですが、私はマット・デイモンの人となりを知るに足るほどのハリウッドの事情に詳しいわけでもありません。
    しかし、こういったエピソードは、ユーモラスと捕らえる人もいるでしょうし、人によってはやっぱり筋肉バカなんだなと思うこともあるのではないでしょうか。
    また、役者個人のキャラクターと、得意な役柄が必ずしも一致しているわけじゃないということもありますよね。
    個人的な感想に過ぎませんので、どうかひとつ寛容なお心で許してくださいませ。
    映画が完成し、「あら、マット・デイモンってこういう役もできるのね!!!」となれば、全て解決ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA