フィクション

世界が終わってしまったあとの世界で / ニック・ハーカウェイ

2015-05-19

ニック・ハーカウェイの『世界が終わってしまったあとの世界で』を読んだ。

先のコンベンションで、杉江松恋さんが「アマゾンレビューは星一つ半と渋いけど、すばらしい作品!」とおっしゃっていたので、期待していたのだ。が、上巻が鬼門だった。

ハーカウェイさんは何やらキラキラしてるけども、疲れているときにはオススメしない。

Nick_harkaway.jpg

あらすじ自体は割とシンプル。
舞台は”逝ってよし戦争(go away war)”によって、破滅してしまった後の世界だ。

主人公の”ぼく”は、親友のゴンゾーらとともに、残された<可住ゾーン>で暮らしている。その区域の外は、<非=現実>といわれる世界。
<可住ゾーン>の周囲には、ジョーグマンド社によって<パイプ>がめぐらされ、それによって<可住ゾーン>は、人が住めるよう安全が保たれている。

ところがその<パイプ>が大火災に見舞われてしまう。事態は深刻だ。<パイプ>にFOXという謎の物質をの送り出す基地もが火事となっていたのだ。FOXが燃えると世界に穴が空いてしまうという。

この地域の運送を担い危険物質に緊急に対応するための「エクスムア州運送&危険物質緊急民間自由会社」に勤める”ぼく”とゴンゾーは世界を救うべく出発するが…

  

繰り返しになるが、筋自体はシンプルなのだ。
問題は、語り手の”ぼく”にある。

“ぼく”が、無駄に思えるほどなんでもかんでも饒舌に語りまくるものだから収拾がつかないのだ。

しかし、同士モウモウよ。
“ぼく”がこのように、いささか混乱をきたしており、何かにつけて無駄話をする饒舌なのには理由がある。

それには、上巻でたっぷりと”ぼく”の無駄話を聞いた上で、下巻に入ってある”転機”を待たなければならない。


あっちへ飛びこっちへ飛びのおばちゃんの無駄話のような”ぼく”の物語が放つ徒労感も、辛抱していれば次第に慣れてくるものだ。

そんな頃にようやく物語上の大転機はやってきて、「おお〜〜!!!」となるのだ。

“ぼく”が語るのは、なぜ親友のゴンゾーのことばかりなのか、それらの不思議の何もかもが、腑に落ちるはずなのである。

そして、ここからの展開は意外や意外、「人間らしさとは?」という哲学的な問いに発展していったりもする。

ところで、著者のニック・ハーカウェイはあのジョン・ル・カレの息子である。
だが、ジョー・ヒル作品からどことなくS.キングを連想するようには、ル・カレとハーカウェイは似ていない。
というか、全然全く似てはいない。

顔は似てるけど、ハーカウェイにル・カレの重厚さは全くない。いかにもお坊ちゃんらしくハッちゃけているし、爆発もしている。

 
 
 
 

Only registered users can comment.

  1. SECRET: 0
    PASS: 5f461b5ec95b6601ba30ea573a0abf03
    《著者のニック・ハーカウェイはいわずもがな、あのジョン・ル・カレの息子である。》
    し・・知りませんでした・・そうでしたか。
    いつも難しそうな顔をしているあのヒトの息子さんね
    (ニック・ハーカウェイ・・確かにオヤジに似てる)。
    それは置いて本書上下巻は何やら読みにくいとのこと・・そうかぁ。
    黒原敏行の翻訳には注目しておりますが・・今回は・・ぶつぶつ。
    都構想・・大阪府民だけど実はあまり関心なし(必要だとは思う)。
    ただ日本人は変わりませんなぁ・・情報に操られ戦争に突っ込んでいった国民。
    今回は財政ほか諸々山積みの問題(困難)に目を向けず、デフォルトへの道を選んだ市民。
    な~んも変わってないんだなぁ・・横浜市は賢明な選択を!
    あと毎度思うことは、選挙にいく行かないという選択などなく、投票は強制はされなくとも義務であるという最低の認識さえ持ってないヒトばかり・・呆れる。
    政治関連について頭めぐらせると気が滅入るなぁ・・ふう。
    気分を変えて・・
    いま遅く『火星の人』読んでおりますが、おもしろいですなぁ。
    愉しく読みやすく書かれてあるけど、この著者かなりな知識を持ったヒトである様子。
    読書会で高評価(賑わい)であったとのことにも納得・・みなさんの読書アンテナ感度はすばらしい・・感心(こちらが鈍いだけ?)。
    ではまた!

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    naoさん、こんにちは。
    そうなんですよ。顔立ち、似てますよね〜!
    作風は全く似てないんですが…。
    ま、あの父親を越えるのは到底無理でしょうから、別フィールドで勝負せざるを得ないということもありますが。
    >黒原敏行の翻訳には注目しておりますが・・今回は・・ぶつぶつ。
    私も黒原氏の翻訳、大好きです。
    でも、黒原氏もハーカウェイには!!!だったようで、苦労された痕跡があとがきに垣間見えたりもして(笑)
    私自身は、ハーカウェイ、そんなに駄目でもなかったですよ。上巻を読むのには難儀しましたけれども。
    大阪都構想問題は…
    もう終わっちゃったことですが、無尽蔵にお金があるわけでもなし、ギリシア状態にならなければいいですけどねぇ。あ、それは日本も同じか。
    『火星の人』、面白いですよね〜!
    >愉しく読みやすく書かれてあるけど、この著者かなりな知識を持ったヒトである様子。
    そうなんですよね。この方、非常によく調べていらっしゃる。
    ただ、やっぱり映画は別物になりそうな感じが否めない…
    あ、またこんなことを書くと、マット・デイモンのファンの人に怒られちゃうかな(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA