フィクション

探偵は壊れた街で / サラ・グラン

2015-05-24

舞台はそのハリケーンで壊滅的な被害を被った街ニューオリンズ。時は2007年の年の夏、まだ街は大洪水の傷痕も生々しい。

主人公は女探偵のクレア・デウィットだ。曰く、「この世で一番料金の高い探偵」。最も優れた探偵であることを自負している。
クレアは、”おじ”を探してほしいという男の依頼で、10年ぶりにニューオリンズの街に戻ってきた。この街は、クレアにとって探偵の師匠コンスタンス・ダーリングの思い出の場所だ。彼女はここで、探偵の何たるかを仕込まれた。そのコンスタンス亡き後ニューオリンズを離れたのだ。
依頼人の”おじ”とは地方検事補のヴィク・ウィリングだった。彼は2年前の洪水の際に行方不明になったという。裕福な生まれで、親から相続した財産で検事補の給与以上の生活を送っていたが、彼を悪くいう者は見当たらない。そして公平な法律家でもあった。
コンスタンス仕込みの独特な方法で、クレアはヴィク失踪の謎を追うが…

翻訳ミステリ大賞コンベンションの出版社対抗ビブリオバトルで紹介されていた作品。マカヴィティ賞最優秀長編賞にも輝いたという。

女探偵といえば、『女には向かない職業 』のコーデリアを思い浮かべるが、本書のクレアはコーデリアとは180℃違う。可愛げや健気さは皆無。コーデリアがお姫様ならば、クレアは魔女だ。
本当は35歳なのにクライアントには42歳と逆にサバ読み、自分を曲げることはない。思い立てば夜中の1時だろうと、クライアントに電話をかけて悪びれない。常識という言葉はクレアの辞書にはないのだ。

その捜査手法も独特で「捜査」というよりは「占い」というほうがふさわしい。お茶占いや易占い、そして時に幻覚剤をも用いて、自分の夢を占うことで謎を追いかける。

そんなクレアが片時も手放さないのは、ジャック・シレットというフランス人の書いた『探知』という本だ。そのシレットはコンスタンスのかつての師で、『探知』はクレアの探偵としての教科書であるとともに、人生の書でもある。

シャーロック・ホームズに始まる従来の探偵像とはあまりにかけ離れているので、好みは分かれるだろう。全くもって科学的ではない。


探偵は壊れた街でというか、探偵は壊れちゃている。

 

個人的には好きな系統ではないが、著者は割と美人だし、ニューオリンズの雰囲気も魅力的だ。女性受けはするのではないか。

占い師、クレアの姿はなぜかこのニューオリンズの街にぴったりと嵌る。
全国で最高の殺人発生率と最低の有罪判決率を誇り、英国さながら人々は階級意識を快く受け入れる街。文字通りの「壊れた街」に。

ヴォク失踪の謎の真相はありがちな結末だ。だが、クレア・デウィットという探偵登場のお披露目作品としてはまずまずなのではないか。
そのクレア自身に取り憑いている謎は尾を引く。

既に米国では第二弾が刊行されているという。

 

 

 

Only registered users can comment.

  1. SECRET: 0
    PASS: 6c19b7fdd39c89bd3b73e21f7537eeb3
    今日図書館に行ったら、本書は「あたらしく入った本」の中に見かけたような。
    ほう、女性探偵ですか・・興味津々(チェック!)。
    ところで『女には向かない職業』のコーデリアですが、
    「お姫様」の印象ありましたか?
    自分の中では彼女はすぐれた捜査能力と洞察力を持つキレ者で、
    最後など巧みに小細工までして犯人を庇って真相を捻じ曲げ、
    またあのダルグリッシュの尋問(?)にも決して口を割らなかった強かさ
    ・・というワケでシンの強い(忍耐強くもある苦労人)女性の印象なのでした。
    探偵は『女には向かない職業』かもしれないけど、
    彼女にはしかしその素養(素質)は十分あるような。
    いまカズオ・イシグロ『忘れられた巨人』読んでおります。
    まだ途中ですが、講演会に行かれたらおもしろく読んだから、
    とカズに伝えておいてください。
    その際、ムラカミよりあなたの方がノーべル文学賞にふさわしいと一言付け加えて
    (ただ高い確率で会場は凍りつくはずで・・そして出版社主催の講演会には以後出入り禁止必至)。
    ではまた!

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    naoさん、おはようございます!
    今日は地合いいですね!
    ちょっと疲れ気味なので、今日は出かけずザラ場をみています。
    どこまでいくのかな〜?
    >「お姫様」の印象ありましたか?
    ありました!ありました!
    私のコーデリア感は全くもってお姫様でしたね。
    童話のなかの不幸に見舞われたお姫様そのもので、確かに懸命ではあったけど、naoさんのおっしゃるような優れた探偵という印象ではなかったかな…。
    同性の厳しい(笑)目線というのもあるでしょうが、私はあまりPDジェイムズ自体が好きではないかも。
    『高慢と偏見、そして殺人』に至っては、オースティンへの冒涜だとさえ思いましたし(笑)
    やはり最強のヒロインは私はリスベットちゃんですね。
    『忘れられた巨人』、私もサイン会のために、横浜くんだりから新宿の紀伊国屋まで買いにいってきましたよ。
    90名限定だし、ツーショット写真も撮ってくれるというので、それはそれで楽しみにしています。
    今読んでいる『コカイン ゼロゼロゼロ』が終わったら、読もうと思っています。
    ただ、本当に行きたいその後の早川主催の講演会は、抽選なので当たるかどうか…くじ運とか皆無なので(笑)

  3. SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Spenth@様
    「巨人」読みました。
    初めの内は、市原悦子さんがナレーションすると、なんかぴったりの感じがしていましたが、読み進めていくと、暗喩と隠喩が多い(と思う)ので、色々解説を読まないとよくわからないと思ったのが、読了後の印象です。(Spenth@さんお願いしますよ~)
    読み方が甘いのか鈍いのか、今一つピンと来ませんでした。
    あとがきに「ラブストーリー」と有りましたが、そうかな~とも思うし、
    アクスルがベアトリスを終始「お姫様」と呼ぶのも、ファンタジーなのでしょうが、
    なんか違和感をかんじました。これにも何か意味が有るのでしょうか?教えてくださいませ。
    文学は何事もはっきり表現せずに色々予断を持たせたり、読者を想像させたりするために、曖昧かつ分りづらく物語るといういつもの感じを持ちました。(いまいちすっきりしない隔靴掻痒感?、ジュリアン・バーンズの「終わりの感覚」でもそう感じました)
    その点、エンタメは「グレイマン」みたいに分りすぎるぐらいのスカッとさで、やはり交互に読むのが良いのかなとも思いました。
    イベントの抽選にあたるといいですね。 ラファとKeiの勝利を祈りながら。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Jiroさま
    全仏ラファさんは…
    10代で初登場初優勝してから、今年ほど不安な年もないのですが…
    でもいいんです。優勝できなくても。赤土で躍動するナダルがみられれば!
    人間、駄目なときもあるさ。
    全米あたりからまた復活してくれないかしら…
    『忘れられた巨人』は隠喩が多いのか〜
    春樹作品もそうですけれど、読む人なりの解釈でよいのではないでしょうかね。
    もう少しで『コカイン ゼロゼロゼロ』が終わりますので、その後読もうかと思っています。
    『コカイン〜』は分厚いノンフィクションなんですが、インパクトは今年最大級!
    今年読んだなかで一番面白いかもしれません。
    講演会も当たるといいんだけど、こればかりは運なのでどうでしょうか。
    当たるといいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA