カズオ・イシグロのサイン会に行ってきた!

カズオ・イシグロ氏のサイン会に行ってきた!
紀伊国屋書店新宿南口店主催のこのイベントは、なんと限定90名だったのですよ。

くじ運ないのに、よくこんなのに当たったもんだ。
でかした、私!!!
宝くじに当たる運を全て使い果たした気がするが・・・

 

開始時間前から既にそれらしき人々がたくさんいる。
圧倒的に女性が多いだろうと思っていたらそうでもなくて、小さい女の子を連れた若いパパさんから、文学通なんだろうなぁというような壮年男性まで様々。

当選のときに振り分けられた整理番号の順に並んで、皆でイシグロ氏の登場を待つ。

列に並んでから気づいたのだけど、英語版を購入すればそちらにもサインをもらえるんだとか。し、知らなかった…

私も買えばよかった〜!!!
でもあいにく今日は雨で荷物も多く日本語版だけで充分、充分。

 

サインかっこいいです。
デザインの一部みたい。
ツーショット写真は、各自のカメラで紀伊国屋書店の方が撮影してくださった。

 

2015060504.png

イシグロ氏は穏やか〜な紳士という感じで、すごくすごく素敵でした!
握手もしてくれたが、私、末端冷え性でして…冷たくてスミマセン。ゾっとさせてしまったかもしれない。

一瞬で流れ作業的イベントはこれでおしまい。

友人と合流しナダル敗退を嘆き、いい加減に飲んだくれて深夜帰宅すると、なんとまだジョコVSマレーの準決勝をやっていた。マレーがマレェ化してすぐに決着がつくかなと思いきや、意外な頑張り。

月曜は『忘れられた巨人』刊行記念第19回ハヤカワ国際フォーラム「カズオ・イシグロ講演会」に行ってきます!

 

 

 

カズオ・イシグロのサイン会に行ってきた!」への2件のフィードバック

  • 2015-06-06 5:57 PM
    パーマリンク

    SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Spenth@様
    今晩は、Jiroです。
    バタバタしていて、4日の記事にコメント入れるのが
    遅れました。
    「巨人」ですが、色々私が気が付かなかったり、思いもよらない
    事を評論されているので、相変わらず素晴らしいと思いました。
    私の稚拙な読解力と知識では、ブリテン人とサクソン人の違いと
    いうか背景がわからないし、船頭さんは何者?という疑問も
    あったり、色々折り合いがつかないアイテムというか表現が
    多くてなかなか難物な小説でした。文章の表現は難しいということが
    無いのでなおさら謎がふかまります。
    記憶といえば、よく人の名前とか思い出さないとか有りますが、
    私がまずいと思う現象で一番よくあるのは、ある話を一度Aという人に
    話し,Bさん、Cさんその他に話した後、次にまたAさんに会った時、また、
    同じ話をしてしまうことがよくあるのですが、なぜでしょうか?
    そういったことを覚えておく記憶エリアが無いのでしょうか?
    (「巨人」にあまり関係ない話で申し訳ありません)
    さて、前回文学を置いといて、ミステリーを優先させると言いましたが、
    Spenth@さんの仰るのも最もと思い、今まで2冊同時に進行で本を読むことが
    なかったのですが(ストーリーや登場人物がごっちゃになるので)、
    やってみたら意外と出来るので、文学関係もカバーしていきたいと
    思う次第です。(ただ、文学作品はハードカバーで電車で読むのがつらいです)
    今月の読書会出席できませんでしたが、次回はなんとか出たいと思います。
    それではまた。

    返信
  • 2015-06-06 10:05 PM
    パーマリンク

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Jiroさん、こんばんは!
    『忘れられた巨人』は私も慌ただしく(そしてナダルに気をとられながら)読んだので、そんなに深読みはできてなくて…
    また改めて再読したいと思ってます。
    こういう本はエンタメと違って、何度でも味わえ、その度ごとに理解が違ってくるのもいいですよね。
    >記憶といえば、よく人の名前とか思い出さないとか有りますが、
    私がまずいと思う現象で一番よくあるのは、ある話を一度Aという人に
    話し,Bさん、Cさんその他に話した後、次にまたAさんに会った時、また、
    同じ話をしてしまうことがよくあるのですが、なぜでしょうか?
    それ、私もよくありますよ!
    というか、四六時中同じ人にむかって同じことばかり言っている気もします(笑)
    その方にとっては迷惑ですよね〜(笑)
    でも、「またか!」という感じでいい加減もう慣れているのかな?
    物忘れといえば、何をしに立ち上がったのかも忘れてしまったりもします。
    本当に自分が怖いです(笑)
    いつもイシグロの本を読んでいて思うのですが、私もかなり自分自身で記憶の改竄をやっているんだろうなぁ。
    よく、人によってある人の印象って違ったりしますよね。特に共通の昔の知り合いなどは人によって印象が180度違ったり。それも多分にその人それぞれの心にとどまる記憶が影響しているのかもしれないなと思います。
    そして、皆それぞれが自分の記憶が正しいと思っている(笑)
    人って不思議ですよね。
    文学とミステリの配分は、私は気分転換の意味もあって時々ノンフィクションも挟んで交互に読んでいます。
    やっぱりミステリは読みやすいので、楽なんですよね。
    ただそれだけでは物足りないし、エンタメだけでは本を読むということの本当の喜びも得られない。
    2冊並行でも、一冊づつでも、スタイルにあった読書の仕方が見つかればいいですね!
    私もカズオイベントを優先したので、読書会はお休みでした。ル・カレだったので行きたかったのですけども…
    また、次回の読書会でお目にかかれるのを楽しみにしています!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA